<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

菅平高原の旅①

旅行の計画が立てづらい梅雨。
週間天気予報をチェックしつつ、予約のタイミングを計る。
今週末は曇りベースだけど、来週末晴れるとは限らないから、今週末行っちゃおうか!
と言う訳で、予約したのが前日の金曜日。

今回の旅先は、長野県の菅平高原。
b0203758_0202443.jpg

菅平と言えば、冬はスキー、夏はラグビーで有名ですね。

菅平の小さな町は、四方を山に囲まれている盆地で、夏でも平均気温が19℃と涼しいため、ラグビー以外にサッカーやマラソン選手なども合宿にやってくるそうです。

最初に訪れたのは菅平牧場。
b0203758_0281036.jpg

菅平牧場は私有地なので、1人200円の入場料を払います。犬はタダです。
管理所のおじさんが、車の中の犬を見て、『小さいけど、ドッグランもあるよ!』と教えてくれました。

駐車場に車を止め、外に出たら・・・・・・寒っ! 
気温は12℃くらいでしょうか。慌ててダウンジャケットを出しました。(体温調節機能が麻痺している主人は、短パンにランニング姿のまま歩いていました。)

菅平牧場は、日本百名山の一つ、四阿山(あずまやさん)と根子岳の麓にある広大な牧場です。ちょうどつつじが見ごろを迎えていました。
b0203758_0223456.jpg

牧場と言っても、清里の清泉寮のように観光化されているわけでもなく、小さな売店が一つあるだけです。
牧場なので当然ソフトクリームが美味しいのかと思いきや、ソフトクリームではなく、よくコンビにで売られているようなパックのアイスクリームをソフトクリーム状に搾り出した『ソフトアイス』だったのにはガッカリ・・・

小さいながら、ふれあいコーナーが2ヵ所あり、1ヵ所はうさぎ、
b0203758_0253770.jpg

もう1ヵ所には子牛、ヤギ、羊がいました。
b0203758_0263956.jpg

その奥にドッグランがあります。管理所のおじさんは『小さいけど…』とおっしゃっていましたが、なんのなんの、結構広いです。
b0203758_0273772.jpg

ただネットが低く、地面にしっかり固定されていないため、よくよく気をつけないと脱走できます。数年前にこのドッグランに行ったことがあるというニコキナ母さん曰く、当時預かりをしていたソーダがネットを飛び越えて、子牛やヤギのところへ走って行ったらしい。

我家以外に犬を連れている人はいなかったので、ドッグランは貸切でした。城北のドッグランではまず見られない二頭での爆走シーンがこちら。
b0203758_0285347.jpg

昨年の夏に前十字靭帯を断裂した兄貴も絶好調です。

この後、弟犬のテンションがぐんぐん上がり、一人でくるくる回り出したと思ったら、突然出入口に向かって爆走し始めました。弟犬の視線の先には・・・ウサギ小屋。ドッグランに入る前、異常なまでにウサギに執着していたのです。幸い『マテ!』と叫んだら止まったので、ソーダの二の舞にはならずに済みました。訓練の成果といえるでしょう。

菅平牧場を一周するトレッキングコースがありますが、四時間近くかかるとガイドマップに書いてあったので、時間を見ながら、行ける所まで行ってみることにしました。

炎天下の牧場から林に入ると沢に出ました。

冷たい水でのどを潤した後、堅実な兄貴は橋を渡り、
b0203758_031655.jpg

ワイルドな弟犬はジャブジャブ川を歩いて渡りました。
b0203758_0322841.jpg

林を抜けると作業道があり、その向こうに『野口みずきクロカンコース』という標識がありました。
b0203758_046323.jpg

アテネオリムピックで金メダルを取ったマラソンの野口みずき選手が練習していたところだったそうです。
b0203758_049774.jpg

緩やかな起伏の平原が広がっており、良く整備されています。お花もたくさん咲いていて、とてもキレイなところです。
b0203758_0465540.jpg

b0203758_0341938.jpg

ふと空を見上げると、黒い雲がかかってきたので、ここで引き返すことにしました。

林を抜けて牧場に出ようとしたとき、突然弟犬が脇の草むらに首をこすりつけ始めました。005.gif
『何やってんの!』
あわててリードを引っ張ると、そこには・・・・・何かの糞。それも下痢状。020.gif
弟犬の首を見ると・・・・・とても文字では書けません。。。

せっかくさわやかな高原気分を満喫していたのに、一気にテンションダウン。

宿にはトリミングルームがあると書いてありましたが、糞まみれのまま車に乗せるわけにも行かず、トイレ脇の水道で応急処置。

初日からハプニングに見舞われたのでした。042.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-29 00:49 | わん・にゃん旅

女の子の病気

我家のお向かいに兄貴と幼なじみの柴犬の女の子がいます。

『2ヵ月くらい前、上から二つ目の乳首の辺りに小さなしこりを見つけて、行きつけの獣医さんに見てもらったら、乳腺種だろうと言われ手術を勧められたのですが、セカンドオピニオンを仰ぎたいので、どこか良い病院を紹介してもらえませんか?』と相談されました。

うちは野郎ばかりなので、女の子の病気のことは全く分かりません。
ネットで調べてみると、乳腺種は女性ホルモンが強く関与しているので、この病気にかかるのは、ほとんどが避妊していないメス犬らしい。お向かいのワンコも避妊していません。

飼い主さんは年配のご夫婦で自家用車が無いので、我家の車で、兄貴がお世話になっている光が丘動物病院へ行きました。

触診の結果、やはり1ヵ所、1㎝位のしこりがあると言われました。007.gif

さて、どうするか?

悪性か良性かを調べるには細胞診を行いますが、S先生曰く、これくらいの腫瘍の場合、検査センターからの結果は、たいていグレーゾーンの評価なのだとか。判定する担当者は責任があるので、白黒はっきり付けることを避ける傾向があるらしい。

なら、どうするか?

ハナちゃんは10歳なので、もし手術をするのであれば、全身麻酔のリスクを考慮し、少しでも早いほうが良いけれど、悪性か良性か判断できないうちにするのも・・・

【腫瘍が今以上に大きくならなければ良性。3cm以上大きくなると悪性】

という判断基準が一般的で、ただ乳腺種の場合、女性ホルモンとの関わりが強いので、避妊していないめす犬の場合、良性であった腫瘍がホルモンの影響で悪性に変わることも珍しくないのだそうです。

ただ、他のガンと違って乳腺種の場合、犬自身は痛みを感じることは無いそうです。場合によっては、体内で腫瘍が破裂することがあるそうですが、破裂したからと言って必ずしも転移するわけでも無く、ただ腫瘍の内容物が皮膚の外に浸潤してきて、これがものすご~~~く臭いので、犬はへっちゃらでも、飼い主が耐えられないだろうとS先生がおっしゃっていました。

お向かいのワンコの場合、今すぐに手術する必要はないとの診断で、1~2ヵ月様子を見ることになりました。

乳腺種は、ヒートが来る前に避妊手術をしておけば、罹患率がかなり低くなるそうです。

ちなみに、子宮蓄膿症は、避妊手術をすれば100%防ぐことができますが、飼い主さんが気付くのが遅れると死に至る恐ろしい病気です。

どちらも9歳を過ぎた頃から罹患率が上がる病気です。

元気な子犬の頃ならば、全身麻酔のリスクも低く、傷の治りも早いですが、9歳を過ぎるとなると、全てにおいてリスクが高くなります。

『犬は自然体で』とか、『元気な体にメスを入れるのはかわいそう』と言って避妊・去勢を拒む飼い主さんが少なくありませんが、子供を生ませる予定が無いのであれば、早いうちに避妊・去勢をすることをおススメします。

すでにある程度の年齢になってしまった避妊をしていないメス犬の飼い主さんは、こまめに体を触ってチェックし、早期発見に努めてください。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-19 15:02 | 犬の病気

ノーリードで公園内を歩く非常識な飼い主

今日の夕方、城北中央公園の陸上競技場脇の元サイクリングロードを歩いていたら、向こうからノーリードのコーギーと飼い主が来ました。

コーギーがこちらに寄ってこなければ、何も言わずに通り過ぎるつもりでしたが、運悪く、こちらに向かって来たので、

『リード付けて!』と飼い主に言いました。

すると、その飼い主は、

『何よ、うちの犬はアンタに迷惑かけてないでしょ!』 と言ったのです。

その間に、コーギーはどんどんうちの犬に近づいてきます。

『こうやって近づいて来られることが迷惑なんです!!』 と言うと、

『アンタの声が迷惑だ。』 と言ったのです。

さらに、振り向きざまに、

『Ж△Σ×φ※・・・・・ くそババア!』 と怒鳴られました。

60過ぎのオバハンに、『くそババア』 呼ばわりされるなんて・・・033.gif

私、何か間違ったこと言いましたか?

*********************************************************************
ノーリードで犬を歩かせたり、遊ばせたりしている飼い主に注意すると、

『うちの犬は、迷惑をかけていない』 

と必ず言います。

 『ノーリードの犬が近くにいること自体、迷惑と感じている人がいる』 と言うことを理解できないこのような非常識な飼い主には、何を言っても 《馬の耳に念仏》?


慌てて撮影したので見にくいですが、下記の写真をご覧ください。
b0203758_21313394.jpg

城北中央公園内を自転車で爆走し、犬に追いかけさせている飼い主がいます。

犬は、たぶんトイプードルとダックスのハーフ。

自転車のスピードに付いて行けず、一匹でウロウロしているところに出くわし、『うわっ、迷子犬か?!』 と心配させられたのが、およそ一年前。その犬を捕まえようとしていたところに飼い主が戻って来たので、『迷子犬かと思いましたよ。ちゃんとリードつけてください。』と言うと、笑ってノーリードのまま走り去っていきました。

それから、この飼い主と犬を公園内でよく見かけるようになりました。

草地の広場だけでなく、ジョギングしている人や、散歩しているお年寄り、ヨチヨチ歩きの幼子などがいる歩道を、すり抜けるように自転車で爆走しているんです。見ているこちらがヒヤヒヤするほど危ないんです。

そして、
b0203758_21415358.jpg

ドッグラン脇の交差点も、ノーリードのまま渡って行きました。

公園内での犬のノーリードを減らすための対策の一つとして設置されたドッグラン。

今やその意味は失われているのか?
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-17 22:02 | 城北中央公園

また雨・・・

朝からまた 057.gif

今日は日曜日だから、ゆっくり寝ていたいのに、わざわざ兄貴が起こしに来た。

そして、飼い主を起こした後、自分はそそくさと寝床に戻った。

なぜなら、 だから・・・

自分は散歩に行かないのに、何故起こしに来るのでしょう?
不思議です。

正午頃には雨が止み、ワンコたちは庭に出ました。

主人が車で出かけたので、駐車場が空いていました。

すると、濡れていないわずかなスペースで、きもち良さそうに寝そべる弟犬。
b0203758_16584496.jpg

器用だね。006.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-16 17:00 | 日常あれこれ

柏駅前里親会

今日は、柏駅前里親会のお手伝いに行ってきました。
b0203758_22361496.jpg

曇りベースで、カンカンの日照りよりはマシでしたが、人混みの駅前広場は蒸し暑かったです。

本日の参加犬は成犬1頭、子犬4頭、猫は子猫が二匹。
b0203758_22385086.jpg

あら? 収容犬を救う会を救う会では珍しい純血種のヨーキー(オス・5歳)がいます。
1人暮らしの高齢の飼い主が亡くなり、引き取り手が無く、処分して欲しいと役所に持ち込まれたそうです。

驚いたのは、このヨーキー君、外飼いだったそうで、フィラリア陽性。予防接種もしていないかも・・・
収容犬を救う会に引き取られたときは、体の毛がボソボソで、今も鼻と耳ははげています。
からだは痩せていますが、元気はあります。よく吠えます。

1人暮らしの高齢者にペットを販売する業者も悪いけれど、ペットを飼うひとは、自分の寿命とペットの寿命を良く考えるべきです。

また1人暮らしの人は、自分が怪我や病気になったとき、代わりにペットの世話してくれる人が確実に確保できなければ、飼うべきではありません。当たり前のことですよね?

ま、ヨーキーですから、たぶんすぐに里親さんが見つかるでしょう。

b0203758_2257045.jpg

小顔で可愛い女の子のこかげちゃん(6ヵ月位)。
b0203758_22574084.jpg

お尻と右わき腹の二箇所に大きなハゲがあります。
皮膚病?と思いきや、何と、放浪していたとき、他の大型の野良犬に咬まれたのだそうです。
よく見ると、お尻のハゲの部分に犬歯のあとが残っています。
さぞかし痛かっただろうに・・・
とても怖かっただろうに・・・

こかげちゃんは、歯がすべて生え変わっているので、もうこれ以上大きくならないかも。
現在の体重は6~7kg。
雑種では珍しい小型サイズ。
美人だし、性格も温和で、愛嬌もあります。
おススメですよぉ~

b0203758_238844.jpg

子猫は久しぶりの登場です。
二匹ともめちゃくちゃかわいいです。016.gif
b0203758_2393152.jpg

こんなのが家の中にいたら、楽しいだろうなぁ~
兄貴と弟犬は、どんな反応するかなぁ~039.gif

めでたく、キジトラの子猫は里親さんが決まりました。038.gif

今日は土曜日だったので、学生さんがたくさん覗きにきてくれました。

うれしかったのは、東海大学付属高校の野球部員と思われる少年たちがワイワイやって来て、『かわいい、かわいい』と言って、募金をしてくれました。

その中の1人の子に、『募金は何に使うのですか?』と聞かれました。
『この子達の餌代や病気の子の治療費などに使わせてもらいます。』と答えると、
『そうですか』と言って、バックからCoachの長財布を取り出して、募金をしてくれました。

高校球児がCoachの長財布持っているのにも驚きましたが、募金をする前に、そのお金が何に使われるのかと言うことを、丁寧な言葉できちんと確かめる行いに、おばさんは関心しました。010.gif

しばらくして、1人の青年がやってきて、『写真撮ってもいいです?』と聞かれました。
ちょっとアクセントが変わっていたので、日本人ではないのかな?と思ったら、ベトナム人の青年でした。
ベトナムの実家で猫を飼っているそうで、子猫に目が行ったのでしょう。

『ベトナムでは、犬や猫をどうやって手に入れるの? 日本のペットショップのようなものはあるの?』と聞くと、犬を販売するお店はあるそうですが、猫の販売はしていないとか。

『どうしてこの子達はここにいるのか?』と聞かれたので、日本の恥を晒すようですが、飼い主の身勝手で捨てられた子達で、新しい飼い主さんを探していると説明しました。

日本にもベトナムにも、動物に優しくて、しっかりした青年がいることを知り、『世の中捨てたものじゃない』と感じた一日でした。056.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-15 23:45 | 里親会

長雨

もう3日も 057.gif 続き。

雨が大嫌いで、散歩に行かず、出すもの出さず、ぎりぎりまで我慢して、挙句の果てに『出ますぅ~』と言って真夜中に起こしに来る兄貴に悩まされる日々。002.gif
b0203758_13223120.jpg

真夜中に起こしに来る兄貴も困りますが、ドシャ降りの雨の中、2時間もほっつき歩く弟犬も悩みの種。

最近は雨宿りをすることを覚え、ランから出るとサービスセンターにまっしぐら。
パンツ一丁で着替えをする野球部の大学生や陸上少年たちでごった返すサービスセンターの建物の軒下で、きもち良さそうに寝そべるびしょ濡れ犬。
b0203758_13171888.jpg

しかし、何故皆さんサービスセンター内の更衣室ではなく、外で着替えをしているのでしょう?

最近の大学生のパンツの柄は実に賑やかです。
誤解しないでください。別に若者観察していたわけではありません。勝手に目に入ってきただけです。

こんなところで雨宿りするより、さっさと家に帰ったほうが良いと、普通なら思いますよね。
しかし、この雨宿りは、弟犬にとっては充電するためのようで、この後雨の中の散歩の後半戦に突入するのです。

家には、びしょ濡れの犬を拭いたタオルが山積みになっています。

犬に洋服を着せるのは嫌いな私ですが、洗濯物を減らすべく、雪遊び時の雪玉防止用にと購入した16500円の超高級防水スーツを再度着せてみましたが・・・
b0203758_13203477.jpg

やはり歩かない・・・

明日も一日 057.gif の予報。

悩める日々がつづきます。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-13 13:26 | 日常あれこれ

ご長寿犬

最近は陽が長くなり、午後6時を過ぎてもドッグランにはたくさんのワンコがいます。

平日ランに来られる方は、ほぼ同じ時刻に来られるので、顔ぶれはほとんど変わりません。
私たちがランに行く頃の時間帯のグループの中に、うちのワンコたちと相性の悪いワンコが二匹います。

一匹は小型のオスで、兄貴の局部を舐めようとしつこく付きまとう犬。022.gif あまりにもひどいので、以前その犬の飼い主に、『犬の口の中は雑菌だらけなので、局部を舐められると包皮炎という病気になるので止めさせてください。』とはっきり言いました。それからは、あちらが先にランにいる時には、こちらは入らないようにしています。

そういえば、小型犬エリアでも、他の犬の局部を舐めたがる犬がいるという話しを聞いたことがあります。第3者の方が、しつこく他のオス犬の局部を舐めている方の犬の飼い主に注意したら、『あら、そうなの?』と言って、事もあろうに、相手の犬の局部をタオルで縛ったというのです。005.gif
いろいろな考え方の飼い主がいるものですね。あきれました。

ちなみに、自分の局所を舐めるクセのある犬も包皮炎(炎症を起こして、膿が出たりします。)になる可能性がありますので、ご注意ください。

話を元に戻しましょう。

相性の悪いもう一匹というのは、1ヵ月ほど前からランに来るようになった若いメスの短鼻種の犬で、その犬種の特性なのでしょうが、とにかくしつこい。ブヒブヒ言いながら突進してきて、挨拶もせずにいきなりお尻に顔を突っ込んで臭いを嗅ぐので、そりゃあオッサン達は怒ります。本人は遊びたいのでしょうが、ラン内を点検して歩き回る弟犬の後を金魚のフンの様にくっついて回りながら、ちょっかいを出してくるので、『うるさい、あっちに行け! 033.gif』と弟犬が何度も怒るのですが、全く動ぜず、飼い主も止めようとしないので、マジげんかにならないうちに退散しました。それ以来、あの犬がいる時もランに入らないことにしています。

てなわけで、このところこの二匹がいつもランにいるため、私たちはランに入らず、住宅地を散策する時間が長くなりました。

錦町の住宅地を歩いていたら、庭で寝ているイエローのラブラドールを発見。
b0203758_1662756.jpg

以前サポーターズクラブの運営スタッフだった方のワンコで、何と15歳になったそうですが、とっても元気。ラブラドールで15歳は、表彰モノのご長寿犬です。 056.gif

彼女はラブラドールなのでボールが大好き。ドッグランに来ては、他の犬のボールを横取りし、一度銜えたら決して放さず、相手の飼い主さんに謝って、そのまま持ち帰ること数知れず。002.gif 『ラン内でのボールの使用を禁止して!』と訴えた唯一のスタッフさんでしたね。

そんなラブちゃん、他犬のボールを横取りするだけならまだしも、銜えたボールを取られまいと飲み込んでしまう悪いクセがあり、なんと三回も開腹手術をしているというツワモノなのです。

しかし、三回の開腹手術以外、病気や怪我などをしたことは無いそうで、さすがに最近は足腰が弱ってきて、もう城北中央公園まで歩いて行けなくなったそうですが、食欲もあり、吠える声にもハリがあって、とてもおばあちゃんワンコには見えません。

三回の開腹手術は若気の至りか・・・ 

このところ同年代のワンコの病気の話ばかり耳に入ってきたので、久々に嬉しい再会でした。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-11 16:21 | 日常あれこれ

いつかはやって来るその日②

実は、我家の兄貴も今年1月に甲状腺機能低下症と診断され、甲状腺ホルモンを補充する薬を飲ませています。

兄貴の体の異変に気付いたのは昨年の12月下旬。

尻尾の中央にタテ3cm、幅1㎝ほどの脱毛箇所を見つけました。
このときは、『舐めこわしたのかな?』と思い、消毒して馬油を塗っておきました。
しばらくすると毛が生えてきたので、大したことはなかったと安堵しました。

そして今年のお正月明け。
背中を撫でていたら、ぼそぼそと毛が抜けたのです。その抜け方が尋常ではなかった。腰の辺りの背骨を中心に左右対称に、あっという間に円形脱毛症ができてしまいました。
b0203758_10384173.jpg

この脱毛の仕方は単なる皮膚病ではないと思い、すぐに獣医さんに連れて行きました。

症状を話すと・・・

『左右対称の脱毛は、ホルモン系の病気の典型的な症状です。考えられるのは、甲状腺機能低下症、クッシング症行群、アジソン病です。』

一瞬目の前が真っ暗になりました。002.gif
これからどうすればいいの?

ホルモン量を調べるには血液検査をします。まずは甲状腺ホルモンの量を調べることにしました。

検査の結果、正常値内ではありましたが、限りなく下限に近いので、甲状腺ホルモンの分泌量がかなり少ないのは間違いないということで、甲状腺ホルモンを補充するチラーヂンという薬を飲ませてみて、もし症状が改善しなければ、他の病気の検査をすることになりました。
b0203758_10405554.jpg

ホルモン剤投与後2ヵ月が経過し、脱毛の症状は治まりました。

しかし一度低下してしまったホルモン量は、もう増えることは無いので、ホルモン剤は一生飲み続けなければならないそうです。007.gif

獣医師曰く、甲状腺ホルモン量が低下しているということは、体の免疫力が低下しているということで、他の器官のホルモン量も低下している可能性は高いのだそうです。

甲状腺ホルモンは代謝を活発にしたり、筋肉にエネルギ-を供給したりするのをはじめ、心臓・内臓・皮膚など体のあらゆる部分の活動を調整するという非常に重要な役割を担っています。

これが欠乏したときには実にさまざまな症状が表れます。「甲状腺機能低下症に共通した臨床症状はない」、と言っても言い過ぎではありません。

比較的多く見られる変化は、脱毛、ラットテイルと呼ばれる尾の脱毛、皮膚に黒い色素が現れる、スタミナの減少、睡眠時間の増加、寒さに弱くなる、乾いた被毛や皮膚、何となく元気が無いなどで、これらの症状はいずれも「年のせい」として片づけられてしまいがちなのです

さらにこの病気は末期まで食欲がある場合が多いために、先述のような症状がみられても「ちゃんと食べているから大丈夫」と放置されてしまい、寿命をまっとうできずに死亡してしまう場合が多くあります。


甲状腺機能低下症は、決して珍しい病気では無いそうです。ただ、上記のような理由で、飼い主が気付かない場合が多いらしいのです。

甲状腺機能低下症の自己診断スコアというものがあります。

皆さんの愛犬も、チェックしてみてはいかがですか?
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-07 10:47 | 犬の病気

いつかはやって来るその日①

日曜日の夕方、城北中央公園を散歩していたら、幼なじみのバーニーズのロックを見かけました。
b0203758_1165623.jpg

リードを持ったお母さんの後ろを、お父さんが大きなカートを押して歩いていました。

ロックももう10歳。
暑さに弱いバーニーズにとって、これからは辛い季節。
本人の気持ちとしては、大好きな城北中央公園まで歩いて行きたいけれど、行きはよいよい、帰りはバテバテ。ロックを抱っこして帰ることは不可能なので、いよいよカートを準備したんだと思いました。

『せっかくだから大型犬用のカートを見せてもらおう!』と思い声をかけました。
すると、思いもよらない話を聞かされました。

『肛門近くにガンが見つかり、しかも既に肺に転移しているので、この夏を越せるかどうか・・・』と獣医さんから宣告を受けたというのです。話しながら、お母さんの目には涙が・・・

ロックは一年ほど前から便が出にくくなっていたので、2ヵ月ごとにレントゲンを撮って経過観察をしていたという。なのに突然のガンの宣告。飼い主さんはさぞかし驚かれたことでしょう。

最高53kgあった体重が、今は45kgに減ったという。毛があるので見た目には分からないけれど、体を触ると確かに痩せています。でも目力はあるし、毛艶も良く、足取りもしっかりしている。しかし、肺に転移しているということは、これから呼吸が苦しくなり、散歩中いつ歩けなくなるか分からないので、カートを購入したというのです。

ロックと兄貴は同級生。
まだドッグランが出来る前からの幼なじみ。
若い頃は、教習所跡地でよく一緒に遊びました。
10歳になった今も大の仲良し。
ロックは、若い頃みんなと遊んだ教習所跡地が大好きで、本当はそこまで歩いていきたいのだけれど、今は子供の広場の先の川沿いの芝生まで行くのがやっとなのだそうです。


そこへ、やはり幼なじみのジャックラッセルテリアのチェロとシュナウザーのジータがやって来ました。

あれ? チェロの印象がなんとなく違う? どうしたの?

チェロは前歯が数本抜けてしまい、残った前歯が前にせり出してきた(つまり出っ歯状態)らしい。原因は、おそらく歯周病でしょう。抜けた歯の部分から舌が飛び出していて、さらに出っ歯。印象が変わる訳です。犬の歯周病は怖いですね。

確かチェロもロックや兄貴と同級生。
犬の10歳は、人間で言えば50代半ば。何かしら病気が見つかる年代なのかもしれません。

実は、我家の兄貴も・・・

【つづく】
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-05 11:28 | 犬の病気

スッキリする旅③

さて、お昼の時間になり、お楽しみの【なすべん】を食べに行くことにしました。【なすべん】は、王国タウン内にあるバーベキューハウスでいただきます。

穴掘りで体力を消耗した兄貴を連れて林間コースを歩いて王国タウンに戻るのはちょっと辛いので、わんにゃんバスに乗ることにしました。

夏休みシーズンだと、犬連れ専用のバスが走っているらしいのですが、この時期はまだ専用バスが走っておらず、一般客と同じわんにゃんバスに乗るように言われました。

『犬連れの方は、抱っこして一番後ろの席に座ってください。』と運転手さん。

抱っこですか? 005.gif

バスといってもマイクロバスです。中型犬を抱っこして狭い通路を通って一番後ろの席に座るのは大変です。
さっきゴールデンがバスから降りてきたけど、あの子も抱っこしていたのかな? 
乗せていただけるのですから、文句を言ってはいけません。

バーべキューハウスには、室外だけでなく、室内にもペット可のお部屋が用意されています。
b0203758_9362523.jpg

でも、お天気が良いので、私たちは外の席にしてもらいました。

お隣にはホワイトシェパード(?)とポメラニアン連れのご夫婦がいて、バーベキューを食べていました。
b0203758_93715100.jpg

ポメはお母さんの隣のイスの上に、022.gif シェパードはお母さんの隣でオスワリ038.gifをしていました。しばらくすると、2頭揃って要求吠えが始まりました。

『ひょっとして、バーベキューの肉をあげてたりして?』と思っていたら、案の定、係りの人がやって来て、『バーベキュー用のお肉をワンちゃんにあげないでください。ワンちゃん用のメニューは他にありますので、そちらをご利用ください。』と注意されていました。ここのバーベキューは食べ放題なので、注意されて当然です。

あちこちから肉の焼ける魅惑の臭いが漂ってくる中、我家のワンコたちは足元で寛いでいます。
b0203758_9375523.jpg

ちょっと、寛ぎすぎか?

バーベキューハウスの前は、広~い芝生の広場になっていて、
b0203758_9381815.jpg

ミニドッグランが2ヵ所ありました。
b0203758_9383463.jpg

ただ、王国ファームのドッグランもそうでしたが、囲ってあるネットの格子が大きすぎて、パピヨンが中から外に飛び出していました。002.gif

王国タウンには、いろいろな小動物を展示している施設がたくさんありますが、一般の犬は入ることができません。王国のレンタル散歩犬のみ歩くことができます。そこで、主人と交代で見物に行きました。

人気のカピバラは触る事ができます。
b0203758_9391441.jpg

鼻の下が伸びたような実にユニークな表情をしています。
b0203758_9471188.jpg

カピバラに似ていますが、こちらは『マーラ』という動物です。
b0203758_9395630.jpg

足が細くて長いのが特徴。水には入らないようです。

レッサーパンダは、“だれパンダ”になってます。
b0203758_9402466.jpg

ぜ~んぜんやる気無しってカンジ。

これは、今年初めて王国にやって来た怪鳥“ハシビロコウ”。
b0203758_941645.jpg

コウノトリの仲間で、身長は1mほどの大型の鳥です。アフリカの湿地などに生息する。あまり動かないで魚を待ち伏せし、水面に上がって来るところを捕食するらしい。

大きなくちばしが特徴で、相手を威嚇するときには、タックリングといってこのくちばしをカンカン鳴らします。くちばしの割りに、目が小っこい。

残念ながら、プレーリードックは巣穴でお昼寝中のようでした。
b0203758_9413139.jpg

ここに兄貴を入れたら、大喜びで穴を掘ることでしょう。037.gif

那須どうぶつ王国、思っていた以上に楽しめました。

【完】
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-06-03 09:42 | わん・にゃん旅


Enjoy my life with dogs!!


by Diana

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
わん・にゃん旅
ドッグラン
愛犬しつけ教室
犬の病気
犬の習性
里親会
犬の能力
城北中央公園
迷子犬
日常あれこれ
東日本大震災
動物愛護法
里親募集中

猫の習性
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

検索

最新の記事

庭猫
at 2017-05-30 15:18
久しぶりの北軽井沢
at 2017-05-22 13:42
まだ4月なのに・・・
at 2017-04-23 11:03
いぬとねこの譲渡会&バザーの..
at 2017-04-19 11:12
里帰り
at 2017-03-27 11:21

ブログジャンル

犬