<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

猛烈な台風

週末は猛烈な台風に見舞われ、散歩に行けなかったわんこ達も多かったことでしょう。

我が家の兄貴犬は、雨の日は、たとえ霧雨程度でも決して散歩には行きません。連日雨降りが続いた場合、おしっこは庭で済ませますが、ウンチは我慢します。これまでの最長我慢記録は3日です。今朝も057.gifだったので、当然散歩には行きませんでした。

10時半頃には霧雨も止み、久しぶりの散歩に出かけました。行き先は、もちろん城北中央公園ドッグラン。2日以上も雨が降り続いたので、さすがにどのエリアにも大きな水溜りができていましたが、SパパさんとLパパさんが耕してくれたところは、水はけはバッチリでした058.gif
こんな悪コンディションでしたが、何と中大型犬エリアに1頭、元気に走り回っているシェルティーがいました。

あれ? フリーエリアにも人が・・・ でも犬はいない・・・ もしかして・・・

やっぱり、Lパパさんだ!016.gif

水溜りのできている部分の赤土をツルハシとスコップで掘り起こして穴をあけ、ラン周辺でかき集めた落ち葉を穴に埋め、砕いた赤土を被せ、さらにフェンス沿いに溜まっている砂をバケツに入れて台車で運び、赤土を被います。私も途中からお手伝いしましたが、湿った砂はえらく重いんです。008.gif

途中からLママさんとLちゃんもやってきました。
『ブログであんなに誉めてもらったから、お父さんったら、雨が止んだ途端、張り切って1人で先に出かけたのよ!』とLママさんからお聞きしました。『ホメホメ作戦』大成功か!? 037.gif

ジャックラッセルテリアのLちゃんもランに来るのは久しぶりらしく、水溜りも泥もお構い無しに、『これぞドッグラン!』とばかりに走る走る!!  『もういいわ。今日は帰ったらシャンプーだからね!』とあきらめ顔のママさん。

まだ左腕のギブスが取れていないLママさんですが、スコップで水溜りの水をすくってバケツに入れて、排水作業のお手伝い。

一時間ほど汗を流して、作業終了。あ~、お腹がすいた。時計を見れば12時半。道理でお腹もすくわけだ。

Lパパさん&Lママさん、いつもいつも本当にありがとうございます053.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-30 21:40 | ドッグラン

わんこ達のために、いつもありがとうございます!

中大型犬専用エリアとフリーエリアは、人と大きなわんこ達が日々地面を踏み固めており、さらに雨などで砂が流されてしまい、カチカチの赤土がむき出しになっているところが数箇所あります。このような場所は、水はけが悪くなり、雨が降ると大きな水溜りができてしまいます。

以前このブログで紹介した黒柴のSちゃんのお父さんは、その後も毎週末、特殊な重い鉄の棒を担いでランにやって来ては、カチカチに固まった赤土を鉄の棒で掘り起こし、赤土の塊を砕き、その上に、フェンス沿いに溜まった砂をかけるという作業を、1人でもくもくと三時間ほど行ってくださっています。
中大型犬エリアのあちこちに、こんもりとした砂山が点在しています。全てSちゃんのお父さんが耕してくださったところです。
b0203758_15455680.jpg

余談ですが、わんこたちは、なぜかこのこんもりした砂山に集まってきます。
b0203758_15503180.jpg

数年前に砂を補充した際も、トラックから砂を落としてできた砂山をそのままにして置くと、わんこたちが次々と山に登るので、やがて砂山は均されてしまいました。

そしてもう1人、ドッグランの強~い味方がいます。ジャックラッセルテリアのLちゃんのお父さんです。Lちゃんは体が小さいので、主にフリーエリアを利用していますが、Lちゃんのお父さんは、フリーエリアと小型犬エリアのおしっこ用のペットボトルの水の補充、水はけの悪い箇所の整備、ラン周辺の雑草除去、ラン内外の落ち葉掃き等々、あらゆる管理業務にご尽力いただいております。

最近は自前のツルハシ(?)持参で、フリーエリアの水はけの悪い部分の整備をしてくださっています。ツルハシで固まった赤土を砕き、穴を掘り、穴の中にラン内の落ち葉を入れ、砕いた土をかぶせるというかなりの重労働です。

SパパさんとLパパさんのお陰で、中大型犬エリアとフリーエリアの水溜りは、かなり解消されています。集中豪雨でもない限り、普通の雨位なら水溜りの心配はまずありません。まもなく梅雨入り。貴重な梅雨の晴れ間にランに来て、『水溜りがあるのでランに犬を入れたくない』なんて心配はなくなるでしょう。

またまた余談ですが、なぜか小型犬エリアには赤土がむき出しになっている部分が無いんです。砂の流出が少ないのでしょう。それが地形のせいなのか、犬が小さいからなのか、原因はわかりません。

人員不足で満足な整備ができないサポーターズクラブに代わり、わんこたちのために働いてくださるSパパさんとLパパさん、本当にありがとうございます。

このようにラン内の整備は、東京都や公園のサービスセンターがやってくれているわけではなく、皆さんと同じ利用者の方がボランティアで行ってくださいっています。当たり前のように利用されているドッグランですが、影で支えてくださっている方がいることを忘れないでください。056.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-27 16:01 | ドッグラン

第20回日本救助犬協会 服従訓練試験 中級編 悲しすぎる後半

しつけ教室組のしんがりを務めますのは、我が家の弟犬でございます。

前回優秀な成績で中級に合格した筋金入りの食いしん坊の兄貴犬と異なり、弟犬は食べ物に興味が無く、ぬいぐるみなどのおもちゃにも反応せず、ボールを投げれば避けて逃げるという、非常に訓練のしにくいタイプの犬です。

兄貴犬の場合、『オスワリ!』とコマンドをかければ、すぐに座りますが、弟犬の場合、1,2,3と間合いを取ってからゆっくり座ります。のんびりした性格なのでしょうが、試験の時にはマイナス要素になります。

さらに困ったのは、服従試験の1ヵ月前に、前回は無かった『立ってマテ』という項目があることを知りました。たった1ヵ月で難しい『立ってマテ』を教えることができるのか・・・

いよいよ出番が来ました。アイコンタクトもバッチリだぞ006.gif
b0203758_955737.jpg

まずはリードをつけたままの脚側行進。尻尾も上がって、まずまずの出来。よしよし。
b0203758_102199.jpg

次に外したリードをタスキがけしている間に、あろうことか耳の後ろをポリポリ掻いているではありませんか! 
b0203758_1023749.jpg

ほれっ、ちゃんとせんかい! と弟犬のわき腹を軽くポンと叩いたら・・・弟犬の頭の中の歯車が、カタッと外れてしまいました・・・005.gif
b0203758_1031278.jpg

オロオロと挙動不審になり、
b0203758_1045471.jpg

スタート地点から逃げようとするのを、無理やり引きずり戻し、
b0203758_10761.jpg

どうにかリード無しの脚側行進を始めたものの
b0203758_1072371.jpg

私との距離がだんだん広がり、
b0203758_1073629.jpg

これじゃあ全然脚側行進になっていない。007.gif
復路の途中でとうとうコースアウトし、
b0203758_1084370.jpg

ヨロヨロと観客の方へ行き、
b0203758_1091134.jpg

男の人に近づいて顔を見ては、『あっ、違う…』、別の男の人に近づいては、『この人も違う…』と、どうやら主人を探している様子。
b0203758_1093998.jpg

これではもう試験に戻ることは無理と判断し、審査員のところに行きリタイアすることを告げました。これまでの特訓の成果を全く発揮することなく、私たちの中級試験は、ものの数分で終わりました。002.gif

この結果をどう受け止めたらよいものやら、よ~く考えてみました。

自分の犬をコントロールできず、犬の実力を十分発揮させてやることができなかったハンドラーの責任と真摯に受け止めました。

はてさて、今後はどうしたものか? もう一回中級試験にチャレンジするか? 弟犬ももう7歳。性格的なことを考えると、もう無理かなぁ~
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-25 10:16 | 愛犬しつけ教室

第20回日本救助犬協会 服従訓練試験 中級編 前半

2番手は、一年前に初級に合格し、今回中級に挑戦するジャックラッセルテリアのLちゃん
b0203758_15435596.jpg

おや? お母さんの左腕に包帯が・・・ 
何と試験2日前の金曜日、ドッグラン近くの滑るレンガの歩道で転倒し、左腕にヒビが入ってしまったとか。005.gif

『大丈夫なんですか?』と聞くと、『中級はリード無しだから大丈夫よ。』と。でも、最初はリードをつけて脚側行進し、その後リードをはずさなくてはなりません。『片手でできますか?』と聞くと、『大丈夫、何度も練習したから!』と、きびきびとしっかりした返答。頼もしい!

最初は初級同様30mのクランクを、リードをつけたまま行きは常歩、帰りは速歩で戻ります。
b0203758_15454043.jpg

むむっ、いつもと違うぞ。お母さん、左手を使わず、右手だけのほうが良いみたい。037.gif
b0203758_15515586.jpg

Lちゃん、お母さんの顔を食い入るように見てますね。ひょっとして、あの左腕のギブスの中に、オヤツをたんと仕込んでいたりしたりして・・・017.gif

次にリードをはずし、リードつきの脚側行進と同じ要領で行います。
お母さん、慌てずリードをはずし、リードをタスキ掛けしました。
b0203758_15492291.jpg

お母さんの顔を時々見ながら、しっかり左について歩いています。いいぞ、その調子!
b0203758_1602146.jpg

次は5m脚側行進し、犬を停座(オスワリ)させ、ハンドラーは10m直進し、回れ右をして犬と対面します。10mは結構遠いです。
b0203758_155429.jpg

審査員の指示で、犬を招呼(呼び戻す)し、脚側につけて座らせます。

よしよし、これもGood!!

次はスタート地点に向かって5m脚側行進し、犬にフセをさせ、ハンドラーはスタート地点まで進み、回れ右をして犬と対面します。審査員の指示で、犬を招呼し脚側につけて座らせます。
b0203758_1555369.jpg


地面がかなり熱くなっていたけど、じっとフセていました。これもOK!!

次は5m脚側行進し、犬を立止(立ってマテ)させ、ハンドラーは10m直進し、回れ右をして犬と対面します。審査員の指示で、ハンドラーは犬の元に戻り、犬の後ろを回って脚側停座させます。リード無しの立ったままの状態でマテをかけ、飼い主は先に歩いていってしまうわけですから、しっかりコマンドが入っていないと、犬は飼い主の動きにつられて動いてしまいます。

ゴメンナサイ。写真がありませんが、Lちゃん、立止も完璧でした。一歩も動かなかったよね。

次の障害物飛び越しも、リード無しで行います。
一年前の初級の時、試験直前に突然ジャンプができなくなった経験のあるLちゃん。リードがあればある程度促すこともできますが、リードが無い状態では、声でコマンドをかけるしかありません。

『ジャンプ!』お母さんがコマンドをかけますが、動かないLちゃん。無理に犬を押すわけにも行かず、ひたすらコマンドをかけるお母さん。ここまではほぼ完璧です。がんばれ、Lちゃん!!

しかし、Lちゃんは頑として動かず、審査員から、『リードをつけて飛ばせて』と指示があり、とりあえずジャンプはしましたが得点にはならず・・・ ちなみに、審査員からの『リードをつけて飛ばせて』という指示は、『訓練の最後は、たとえどんな形でも良いから成功で終わらせ、犬に良い印象を持たせて終了する』という訓練の基本に基づいた指示だったようです。

最後は3分間休止。指示された場所で犬にフセをさせ、ハンドラーは10mほど離れたところのイスに対面して座ります。3分後、犬のところに戻り、脚側停座させて終了。

半年前は1分と休止できなかったLちゃんですが、今回の3分休止は微動だにせず完璧です!

ジャンプ以外はほぼ完璧だっのに、残念ながらLちゃんの中級合格は、次回へ持ち越しとなりました。次の目標は、ジャンプ克服。また頑張ろうね!006.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-21 16:15 | 愛犬しつけ教室

第20回日本救助犬協会 服従訓練試験 初級編

5月15日(日)、日本救助犬協会主催の服従捜索訓練試験が行われました。
b0203758_1721524.jpg

この日は朝から雲ひとつ無い晴天で、気温がぐんぐん上昇し、犬たちには少々つらい試験となりました。

昨年11月の服従訓練試験では、ドッグランのしつけ教室参加者から、初級に2組、中級に3組が挑戦し、見事全員合格という快挙を成し遂げ、『ドッグランのしつけ教室組は優秀』と言われたほどでした。

しかし、今年の2月を最後に、ドッグランでのしつけ教室は行われていませんが、それまで継続してしつけ教室に参加していた3組が今回挑戦することになりました。
b0203758_1732822.jpg

トップバッターは、服従試験初挑戦のジャックラッセルテリアのDちゃん。テント内で出番待ちです。少々落ち着きが無いのと、引きグセが強いこと、そしてお父さんが優しすぎるのが弱点といわれていましたが・・・

まずはスタート地点で犬を左につけて座らせます(脚側停座)。
b0203758_17224023.jpg

ありゃ、シャツター押すのがちと早かった・・・

それから30メートルのクランクを常歩で往復し、スタート地点で回れ右して停止し、脚側停座。
b0203758_17231355.jpg

しっかり横に付いて歩いていますね。お父さんDちゃんをうまくコントロールしています。

次は5mほど歩き、犬を座らせ、ハンドラーはリードの長さだけ犬から離れて対面し、審査員の指示に従って招呼(コイ)し脚側につけ座らせます。
b0203758_17235435.jpg

しっかりオスワリして、お父さんを見ています。
b0203758_1725640.jpg

お父さん緊張していたのかな? リードさばきがうまくいかず、ぐるぐる巻きになってしまいました。

次は、その場で犬にフセをさせ、リードの長さだけ離れて犬と対面し、審査員の指示に従って招呼し脚側につけ座らせます。
b0203758_1726286.jpg

次は、前回までは無かった項目【立止】。スタート地点から5mほど歩き、犬を立ったままでマテをかけ、リードの長さだけ離れて犬と対面し、審査員の指示に従ってハンドラーは犬のところに戻り、脚側停座させます。
b0203758_1727289.jpg

この立止、結構難しいんですよぉ~ 立ったままですから、座っているときや伏せているときよりも、犬はすぐに動くことができます。それを動かずに待たせるのですから難易度は高いです。普段は落ち着きの無いDちゃんですが、お父さんの『マテ』の指示に微動だにせず、(ちょっとそっぽ向いているようにも見えますが…)見事クリア!

最後は障害物飛越。犬の大きさに応じて、二種類のハードルが用意されています。
b0203758_17274571.jpg

ハンドラーはリードを持ったままで、ハードル状の障害物を定められた地点からスタートさせて飛び越えさせます。飛び越えたら、ハンドラーは犬の後ろを回って犬の右側に立ち、脚側停座させて終了。
b0203758_17281227.jpg

大きなミスは一つもなく、Dちゃん、見事初級合格しました~038.gif
やったね!006.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-19 17:37 | 愛犬しつけ教室

ご注意ください

上板橋体育館からドッグランに続く歩道はレンガ敷きになっていますが、このレンガに苔が生えていて、とても滑りやすい状態になっています。特に雨が降った後はよく滑り、犬でさえも足を取られるとか・・・

先週は3日間雨が降り続き、やっと雨が上がった金曜日、とうとう大事故が起きてしまいました。

自転車で歩道を走っていた方が、ちょうどドッグラン近くの歩道付近で滑って転倒し、救急車で搬送されたそうです。怪我の程度など詳細は分かりませんが、救急車を呼ぶほどですから、大怪我だったのでしょうか。

同じ日、ドッグラン利用者の方の中にも、問題の歩道で滑って転倒し、左腕を骨折された方がいました。

地元の犬仲間に話を聴くと、この歩道、以前から滑りやすく危ないと感じていた方がかなり多いことが分かりました。雨の日や雨が降った翌日は、危ないのでこの歩道は通らないようにしているという方もいました。

現在この歩道のあちこちに注意書きが貼られていますが、苔を取り除くか、あるいはレンガそのものを取り替えるなどの対処を行わなければ、安心して歩けませんよね。

歩道なので管轄は板橋区だと思いますが、板橋区に対応を求めるようサービスセンターにお願いします。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-17 09:11 | 城北中央公園

ド迫力

雨続きでワンコ達は皆ストレスが溜まっていたのでしょうか、今日の夕方のドッグランは大賑わい。
特に、中大型犬専用エリアはすごかった!!!

グレートデン      2頭 (うち1頭は超特大!)
ラブラドール      3頭
スタンダードプードル 1頭

これらの大型犬6頭が、ラン内所狭しと走り回り、取っ組み合い、ドロドロの泥まみれになっていて、ワンコ達は超楽しそう058.gif 我が家もフェンスの外からその様子を見学していましたが、いやはやあのド迫力には恐れ入りました。

これは【中大型犬専用エリア】のある城北中央公園ドッグランだからこその光景ではないでしょうか? もしココが【中大型犬専用エリア】ではなく【フリーエリア】で、この大型犬軍団の中に突然小型犬が入ってきたら、大型犬の飼い主さんたちは、小型犬に怪我をさせてはいけないと、自分の愛犬の行動を抑制してしまうでしょう。

大型犬の飼い主さんが安心して愛犬を遊ばせられる【中大型犬専用エリア】があるのは、都内11カ所の都立公園ドッグランの中で、城北中央公園だけなんですよ。006.gif 
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-14 21:36 | ドッグラン

やはり・・・

5月10日、福島県川内町の皆さんが一時帰宅された際の様子が、ニュースで放映されています。

どの局だったか覚えていませんが、昨日の夕方のニュースで、『川内町で犬9頭が保護されました』というコメントと共に、ケージに入れられたミックスの成犬数頭とダンボール箱に入れられた生後間もないと思われる子犬(たぶん5頭)が映し出されました。

やはり、子犬が産まれていましたね。。。
 
残されている犬や猫を早く保護してやらないと、これからどんどん繁殖してしまいます。人と触れ合うことを知らずに育った犬たちが群れて野犬化すると、捕獲するのがますます難しくなると言われています。

餓死してしまった乳牛
ガリガリに痩せた子牛
羊の姿もありました

人間が世話をしなければ生きていけない動物たちを放置しなければならないとは・・・

原発の怖さ、恐ろしさ、あらためて感じさせられました。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-11 13:41 | 東日本大震災

初刺され

今日の夕方、小雨降る中、ドッグランに行きました。

さすがにだ~れもいないので、こんなときには『ひとりお掃除会』060.gif
他のワンコたちを気にせず作業ができるからで~す。

これから数日は雨が続くという予報なので、消臭剤がよ~く地中に浸み込むように、たっぷり散布しました。006.gif

その後、排水枡の掃除をしていたら・・・耳のそばで“ プ~~~ ” という音。

とうとう出ました。夏のドッグランでの大敵、  です。それも、大きなシマシマ野郎。

幸いレインコートを着ていたので、刺されることはあるまいと油断していたら、しっかり足を刺されていました。今年の初刺されです。007.gif

これからのシーズン、ドッグランにお越しの際は、人も犬も、虫除け対策をお忘れなく!

それから、もう一つ大切なこと。蚊が出てきたということは、来月から毎月1回、フィラリア予防薬を飲ませることもお忘れなく!!!
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-10 21:41 | ドッグラン

悩み事

ドッグランには、中大型犬専用エリアと小型犬専用エリアの2ヵ所に水道があります。
b0203758_1420353.jpg
b0203758_1419996.jpg

城北中央公園のドッグランは砂地のため、東京都が設置してくれた水道では、細い配水管に砂が流入して目詰まりを起こしたり、冬季凍結したりといったトラブルがありました。そこで昨年2月、寄付金を使って新たに設置した水道は配水管が無く、大き目の浸透枡から水が地中に浸み込む仕組みになっています。

できるだけ浸透枡に砂が入らないよう、枡の頭を地面から10cmほど高くしてもらったのですが、水道に向かって走ってくる犬の勢いや、雨によって流される砂のため、中大型犬エリアの浸透枡周辺にはすぐに砂が溜まってしまいます。

また、中大型犬の飼い主さん中には、水道から直接犬に水を飲ませている方も多く、犬の足裏に付いた砂が容赦なく浸透枡に落ちていきます。長毛の大型犬ともなれば、足が大きく、足裏の毛の量も多いので、付着する砂の量も多くなります。犬に水を飲ませる際は、必ず水皿で飲ませるよう、ご協力をお願いいたします

ちなみに、公園内の水道で、蛇口から直接犬に水を飲ませるのは厳禁です。たとえ蛇口に口をつけていないとしても、一般の利用者から見れば、衛生上、決して気持ちの良いものではありません。これから気温が上がり、犬に水を飲ませる機会が増えると思いますが、散歩の際は、愛犬専用の水飲みや携帯用の水皿をご持参いただくようお願いいたします。
b0203758_14280100.jpg

また、ラン内の水道を使用する際、人が浸透枡の上に乗ることで、人間の靴裏の砂が落ちることもありますので、できるだ排水枡の上に乗らないようお願いいたします。

このようにして浸透枡内に溜まる砂の量が、予想以上に多くなっており、頭を悩ませております。002.gif
b0203758_14285964.jpg

浸透枡は三層構造になっており、一番下の枡(写真の一番粗い目の枡)から溜まった水が地中に浸透するようになっているのですが、四月末の時点で、一番下の排水枡が見えないほど砂が溜まっていました。このまま砂がどんどん堆積すれば、溜まった水が浸透排水されにくくなり、夏場にボウフラが湧き、蚊が発生する原因となります。
b0203758_1432151.jpg

できるだけ浸透枡内に堆積した砂を除去するようにしていますが、これがなかなかの重労働でして・・・008.gif 
b0203758_14342718.jpg

まずは底に固まっている砂をスコップでほぐし、その後金属製のくまでで砂をすくい取るのですが、
b0203758_1435552.jpg

1mほど下の穴から湿って重くなった砂を取り出す作業、腰に来るんです。

余談ですが、排水枡から取り出した砂は、水に長時間浸っていたせいか臭いがありますが、このくさ~い砂に犬が群がってきて、クンクン臭いを嗅いだり、ペロペロ舐めていたかと思うと
b0203758_14371531.jpg

仰向けになって背中をこすり付ける子も・・・005.gif
b0203758_14373125.jpg

あ゛~ぁ、ドロドロになった上にくっさいぞぉ~ 帰ったらシャンプーだよ!033.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-07 14:50 | ドッグラン


Enjoy my life with dogs!!


by Diana

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
わん・にゃん旅
ドッグラン
愛犬しつけ教室
犬の病気
犬の習性
里親会
犬の能力
城北中央公園
迷子犬
日常あれこれ
東日本大震災
動物愛護法
里親募集中

猫の習性
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

検索

最新の記事

まだ4月なのに・・・
at 2017-04-23 11:03
いぬとねこの譲渡会&バザーの..
at 2017-04-19 11:12
里帰り
at 2017-03-27 11:21
『のこ便り ★ 2017』
at 2017-03-21 11:50
迷子の猫
at 2017-03-13 21:29

ブログジャンル

犬