<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

迷子札を付けてください

この一週間の間に、迷子犬情報が二件もありました。

2頭とも迷子札も鑑札も付けていませんでした。1頭は首輪すら付けていませんでした。

可愛い愛犬を守るために、なぜ迷子札を付けてあげないのでしょう? 

自分の愛犬は、『絶対いなくなったりしない』と過信していませんか? 
犬に【絶対大丈夫】なんてことは“絶対”にありません。

もし愛犬が迷子になっても、飼い主の電話番号が書いてある迷子札を付けていれば、保護した方がすぐに電話連絡できます。
これが、迷子犬が最も早く飼い主の元に帰れる方法です
ただし、人なれしていない犬、臆病な犬など、捕まえる事が出来ない犬は困ります。普段から、誰に触られても大丈夫な犬にしつけておきましょう。

それでは、迷子札を付けていないとどういうことになるか。

迷子犬を保護した方のほとんどは、交番に連れて行くでしょう。この時点で、その交番を管轄している警察署に迷子犬の届出が出ていれば、すぐに飼い主さんに連絡をしてもらえます。

しかし、届出が出ておらず、さらに、保護した方が一時預かりをできないとなると、迷子犬はパトカーに乗せられ、管轄の警察署に連れて行かれ、板橋警察署の場合、地下の暗~い駐車場の隅に置かれたケージの中に収容されます。水とフードはもらえます。

翌日が平日の場合、早ければ午前中に愛護センターからお迎えが来ます。土・日は愛護センターはお休みなので、月曜日の引き取りになります。そして、一週間経っても飼い主が申し出て来ない場合は、殺処分(炭酸ガスによる窒息死です。決して安楽死ではありません。) されることになります。

万が一、愛犬が迷子になった場合の対処方法をお教えしますので、ぜひ覚えておいてください。

①まずは、愛犬が行きそうなところを探します。ドッグランやいつもオヤツをくれる人の所等。

②愛犬がいなくなった場所の管轄の交番または警察署に連絡をする。犬は“モノ”扱いなので、遺失物係に届出をします。

③城北中央公園は、練馬区と板橋区にまたがっているので、城北中央公園付近でいなくなった場合は、練馬警察署と板橋警察署の両方に届出をしてください。ちなみに、城北中央公園から1番近い交番は、城北公園通り沿い、ラーメン中本の向かいにある板橋警察署管轄の交番です。練馬警察署管轄の交番は、同じく城北公園通り沿い、氷川台駅方面に向かい、練馬鑑別所の次の交差点にあります。

④翌日になっても見つからない場合は、保健所と東京都愛護センターにも連絡をしてください。

⑤愛犬の写真入りの迷子ポスターを作成し、犬を連れている人が見てくれそうな場所に、できるだけたくさん貼り付けます。

迷子の犬を保護した場合の対処方法は:
①まずは、迷子札が付いていないか確かめてください。首輪に直接電話番号が書いてあることもあります。飼い主の連絡先の書いてある紙を入れるタイプ(ロケット型)の迷子札もあります。

②最寄りの交番に届出をします。城北中央公園付近で保護した場合は、練馬警察署と板橋警察署の両方に届出を出してください。その際、自宅で預かることができる場合は、連れて帰ってください。警察署では、トイレや散歩の面倒まで見てはくれません。

③犬の思うままに歩かせてやると、家に帰る場合もありますので、時間があれば試してみてください。

④周辺の警察署および愛護センターに、迷子犬の届けが出ていないかどうか、電話で確認してください。

⑤『そのうち帰ってくるだろう』と、探しもしなければ、届出もしない無責任な飼い主もいますから、やはり迷子犬のポスターを作成して、広範囲に掲示してください。


迷子札という名称が悪いのかな。『Dog Tag』と呼べばオシャレに聞こえますか? 最近は可愛いDog Tagもたくさんあります。小型犬用の小さいものもあります。

洋服を着せるより、『Dog Tag』を付けましょう!
首輪は家の中でも付けたままにしましょう。
お散歩のとき、胴輪を使用している子にも、首輪と『Dog Tag』を付けましょう。

[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-30 23:46

設備メンテナンス

昨晩、小雨降る中ドッグランに行きました。
雨が降っていたので、ランにはだ~れもいませんでした。
中大型犬エリアに入るとき、異変に気づきました。
あれ? 二重扉の外側の扉が閉まらない・・・
b0203758_2139478.jpg

扉の鍵の部分が、反対側の支柱にぶつかって閉まらないのです。
でも、入るとき、扉は確かにちゃんと閉まっていました。反対側の支柱を見てみると、鍵の当たる部分にこすれの跡がたくさんついていました。力まかせに扉を閉めると、なるほど閉まりました。

ランの扉は、上下2カ所を六角ビスで留めてあります。何度も開閉するうちに、振動で扉が傾き、鍵の部分が当たるようになってしまったのです。

以前小型犬エリアの外側の扉も、同様の現象が見られました。その時は、たまたま水道増設工事中だったので、作業中の大工さんにお願いして(タダで058.gif)直してもらいました。その時、調整の方法を教わったのですが、専用の工具が必要なため、私には直せませんでした。007.gif 

今朝サービスセンターに電話をし、事情を説明して扉の調整をお願いしました。今日の夜ランに行ったときには、扉はちゃんと直っていました。ありがとうございました。

昨日、出入口の扉をよ~く観察してみたのですが、下部のビスの部分(黄色い輪)が、白っぽくなっていました。たくさんの犬がオシッコをかけるので、尿中の酸で腐食してしまったのでしょう。このままでは、やがてビスの部分は腐食が進み、扉が破損することは間違いないでしょう。

ドッグラン利用者の皆さんにお願いです。ドッグランに入る前にできるだけ排泄を済ませ、特に出入口付近にオシッコをかけさせないよう、ご協力をお願いいたします。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-28 21:17 | ドッグラン

柏駅前 里親会

今週も開催しました『柏駅前里親会』053.gif
b0203758_100487.jpg

先週の日曜日は、猫のケージには保冷剤を入れてやるほど暑かったのに、昨日のニャンコたちはこんなカンジ。
b0203758_1012936.jpg
秋ですねぇ~

それでは、今週の出場犬のご紹介。
どーも、ママヤです。1歳9カ月
b0203758_102950.jpg

Hi! ななみだぴょ~ん 7カ月
b0203758_103179.jpg

おらあソーダだぞぉ~ 3ヵ月半
b0203758_1015660.jpg

僕、オスですけど名前はユキです。 1歳半
b0203758_1052169.jpg

ユキと同い年ですが、なぜかデカイ? マロです。 1歳半
b0203758_1054320.jpg

ワンコ5匹は、先週に引き続き登場。前回ソーダ君の写真が無かったので、よ~く見てください。
b0203758_10152987.jpg

私好みの“顔グロ犬”。まだ3ヵ月半のあどけない表情が超カワイイ!016.gif

今回里親会に初登場したマミちゃん(2歳)は、
b0203758_1091946.jpg
ママヤちゃんと同じ一族。ママヤちゃんと同じくらいの“ビビリ犬”で、今回がはじめての里親会ということもあり、とにかく駅前の人通りの多い場所にいるだけで精一杯。でもこの一族のわんこ達、みんな性格は穏やかなので、慣れてしまえばとても飼いやすい子ばかりです。

先週ここにいたりんちゃんは、
b0203758_10101814.jpg
先週の土曜日、めでたくお試しに行きました。あとは10歳の先住犬がりんちゃんを受け入れてくれることを祈るばかり。
がんばれ、りんちゃん!

猫は生後5ヵ月半のオスが4匹。
b0203758_10111860.jpg

b0203758_10114459.jpg

ギャラリー人気は圧倒的に猫なのに、なかなか決まりませんねえ~早くしないと、どんどん大きくなっちゃうね。

お化粧ばっちりのキャピキャピの女子高生036.gifが二人やってきました。二人とも犬が大好きのようで、地べたに座り込んでななみちゃんと遊んでいます。『あぁ~、そんなに短いスカートで、パンツ見えちゃうわよぉ~。』と、おばさんはハラハラドキドキ。そのときばかりは、男性のギャラリーが多かったような…042.gif

そのうちの一人の女の子が、『私これから一人暮らしするんです。だから犬を飼いたいんですけど、未成年ではダメですか?』と質問。もちろん、未成年の方にはお譲りできませんし、お留守番が長時間になる一人暮らしの方にもお譲りできません。病気や入院といった緊急事態に対応できない可能性があるからです。犬や猫を飼うにはお金がかかります。フード代はもちろん、毎年の予防接種、フィラリア・ノミ・ダニの予防薬など、決して安くはありません。病気や怪我をすれば治療費もかかります。ペットは人間の心を癒してくれる存在ですが、ペットを飼うことは、その命の責任を負うこと、そしてお金がかかるという現実があることを、子供の頃に教えてあげたら、『たまたま入ったペットショップで、目と目が合って、運命を感じて買っちゃいました!』なんて無責任な大人にはならないでしょう。これからは、そんな活動をしていけたらいいなぁ~と思う今日この頃です。
b0203758_10172058.jpg

あれあれ、ソーダは疲れて寝ちゃったのかな? 鼻の穴、ふさがって苦しくないのかい? 
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-27 10:31 | 里親会

ペット里親会 【秋のバザー&プチ譲渡会】のお知らせ

すっかり恒例になりました、NPO法人ペット里親会、【秋のバザー&プチ譲渡会】の日程が決まりました。056.gif
b0203758_11134195.jpg
 
b0203758_11141596.jpg

開催日時 : 10月 11日(月・祝) PM 1:30~5:30

開催場所 : 犬も入れる 「カフェ ランゾウ」

住   所 : 東京都板橋区東山町52-12 

最寄り駅 : 東武東上線 ときわ台駅南口 徒歩8分

※会場には専用の駐車場はありませんので、お車でお越しの際は、近くのコインパーキングをご利用ください。

NPO法人『ペット里親会』では、無責任な飼い主やブリーダー、人間の身勝手な事情により捨てられたり、飼育放棄された不幸な犬や猫を保護し、里親さんを探す活動をしています。。

保護している犬猫の食費、治療費、ワクチン代、フィラリア・ノミ・ダニ等の予防薬代等、多くの費用がかかるため、資金集めのためのバザーを行っています。このような趣旨で行うバザーですので、リサイクルマーケットやガレージセールのような安売りではありません。その旨ご理解のうえ、ご協力いただければ幸いです。

様々なバザー品をご用意して、皆様のご来場をお待ちいたしております。058.gif

なお、お見合いしてみたいワンちゃん、ネコちゃんを事前にご連絡いただければ、当日連れてきてもらうことができます。お見合い希望の方は、ペット里親会のホームページ http://www.remus.dti.ne.jp/~noritama/をご覧の上、メールにてお申込みください。

やさしい里親さん、待ってま~す!016.gif
b0203758_11143153.jpg

b0203758_11153718.jpg

b0203758_11155070.jpg

b0203758_11184679.jpg

[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-24 11:09 | 里親会

城北中央公園ドッグランとサポーターズクラブのあゆみ -その⑦- 【終】

だいぶ間が開いてしまいましたが、【城北中央公園ドッグランとサポーターズクラブのあゆみ】の最後は、寄付金についてお話します。

ドッグラン開設後、ドッグランの維持管理に必要な費用について、東京都からの支給は一切ありません。『犬のために、そんなに税金は使えない。ボランティアが自ら調達せよ。』という方針なのです。

平成19年度より、城北中央公園を管理している【東京都公園協会】から、毎年助成金が支給されるようになりましたが、今年度の支給金額は55,000円で、サポーターズクラブとして要求した金額の半分以下です。ちなみに、昨年度使用した消臭剤だけで54,445円かかっています。

誰でも無料で利用できる都立公園ドッグランを維持管理するためには、寄付金は不可欠なのです。

小型犬エリアを仕切るためのプラスチックフェンス購入を機に、サポーターズクラブでは寄付金の募集を始めましたが、その際、下記の約束事を決めました。

【その1】 会計担当者を決め、毎年会計報告書を作成し、監査を行った後、一般公開すること。
【その2】 スタッフの懇親会などの飲食に、寄付金を使用しないこと。(ただし、ドッグランに関わる活動を終日行った際の昼食費を除く)
【その3】 寄付(金銭・物品共)をしてくださった方への感謝の気持ちとして、サポーターズクラブのメンバー犬リストを作成し、寄付をしていただいた方の愛犬の名前・犬種、年齢・性別を公開すること。
b0203758_1373634.jpg

『自分の寄付したお金が、ドッグランのためにきちんと使われているのか?』、誰でも気になることだと思います。利用者の皆さんからお預かりした大切な寄付金ですから、有効利用するよう心がけています。毎年の会計報告書はもちろん、領収書なども、ご要望があればいつでもお見せする事が出来ます。

ちなみに、中大型犬エリアとフリーエリアにある倉庫二台と、小型犬エリアのベンチ二基は、利用者の方から現物を寄付していただき、スタッフが運搬・設置しました。また、ラン内の砂流出防止のため、外周フェンスにはりめぐりしてある板材も、利用者の方からの寄付品です。そのほか、ほうき、ちりとり、スコップ、散水ホース、ゴミ袋などの清掃用品も多数ご寄付いただいております。

小型犬エリア設置のためのプラスチックフェンスを始め、フリーエリアと中大型犬エリアの間の二重扉、そして、今年2月に行った水道の増設と排水枡の交換、小型犬エリアとフリーエリアの間の扉設置などの工事も、すべて寄付金で行いました。これだけ大掛かりな設備工事を、東京都や東京都公園協会に頼らず、すべて寄付金で行った都立公園ドッグランは、おそらく他には無いでしょう。本当にありがたいことです。

平成17年3月に開催された第1回ドッグラン開設準備会の参加者全員から500円ずつ徴収してから今日までの約5年間に、サポーターズクラブに寄せられた寄付金の総額は、いくらになると思いますか? 何と200万円近くになるのです。これはすごいことだと思います。また、多くの飼い主さんが、ドッグランをいかに必要としているかを裏付けるものだと思います。

現在の寄付金の残高は約49万円です。昨年までの5年間、維持・管理に毎年10万円強かかっていますので、今後寄付金が増えないと、5年後には破産し、ランの運営は不可能になります。ちなみに、8月は寄付は一件もありませんでした。002.gif 平成21年度の会計報告をご覧になりたい方は、【お知らせ】の中の《ドッグラン通信No.40》をご覧ください。

現在も存続危機に陥っているサポーターズクラブですから、正直なところ、あと5年も持つかどうか・・・ うちの愛犬も5年後は12歳。ドッグランは利用していないだろうなぁ~
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-22 14:07 | ドッグラン

そんなに大きくならなくても・・・

この犬、見覚えありませんか?
b0203758_10565358.jpg

半年前は、こんなでした。016.gif
b0203758_116448.jpg

名前はリック。
今年3月20日、生後40日ほどで我家にやってきた三匹の子犬の中で、一番大きかったいたずら坊主です。当時体重は2.2kg、ブルーアイの整った顔立ちをしていました。

三匹の中で1番早く里親さんが決まり、その里親さんから近況報告と写真が届いたのです。
鼻の両脇がピンク色なのはそのままね。耳がピンと立ち、鼻筋が通り、男前ねぇ~ 顔だけ見ると、ボーダーコリーよね。本当に立派になったわね~ うちでお預かりしていたときは、回虫やコクシジムウ騒動(ご存じない方は、4月のブログをご覧ください。)で、大変だったときもあったわよねぇ~~(母涙…)
b0203758_10594824.jpg

あれから6カ月が経ち、まだ生後7カ月半ほどのはずですが、何と体重がすでに16kgもあるというのです! 16kgって、うちのわんこ達より大きいじゃないの! うっひゃー、何でそんなに大きくなっちゃったの? あんたのお母さんのママヤは
b0203758_10592685.jpg

10kgしかないのに。お父さんは一体どんな犬なのか? ブルーアイだから、ハスキー系か? う~ん、知りたい・・・

『確かリックの里親さんは、リックが亡くなった先住犬のアメコカの子犬のときと似ているといって、リックを希望されたんでしたよね? こんなに大きくなっちゃって、苦情言われませんか?』と、ボランティアのKさんに聞いたら、『大きくならないなんて、私は一言も言ってないわよぉ~』と笑っていました。

そうなんです。雑種の子犬の場合、どれくらい大きくなるのか、誰にもわかりません。父母犬の両方がわかっていれば、ある程度想像が付きますが、隔世遺伝もありますからね~ リックのように大化けすることもあるわけで、大きさ制限のあるペット可の集合住宅にお住まいの方には、雑種の子犬は勧めずらいですね。

近所に友達犬も増え、旅行にも連れて行ってもらっているとか。これからも明るく元気に、でも、もうそれ以上スクスク育たんでええぞ!
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-21 11:02 | 里親会

嬉しくもあり、恥ずかしくもあり

今日の夕方、城北中央公園内を歩いていたら、二頭の小型犬を連れたご夫婦が、私達の方へ向かって走って来られました。そのご夫妻に見覚えはないし、その場所には私達以外に人も犬もいません。 ??? すると、

『あのぉ~、ブログ書いている方ですよね?』と聞かれ、
『ブ・ロ・グですか?』と答えると、
『ドッグランのブログです!』と言われ、
『はい、そうですが、ひょっとして、うちの犬を見て分かったのですか?』と聞くと、
『そうです。ブログ、いつも楽しみにしています! どんな方が書いていらっしゃるのかと思って。』と。

いやはや、驚いたのなんのって。こんな風に声をかけていただいたのは初めてです。嬉しいやら、恥ずかしいやら。しかし、どこにでもいそうなうちの雑種犬を遠目に見分けるとは、なかなかの犬好きとお見受けいたしました。

そういえば先日、やはり私のブログをご覧頂いている駒沢公園ドッグランのボランティアの方から、“お化けきゅうり”のお料理レシピをいただきました。001.gif こういう交流は嬉しいですね。来年の夏に、ぜひ試してみようと思っています。うまくできたら、ブログでご紹介しましょう! 

b0203758_20455524.jpg

『ブログでえらそうな事を書いておきながら、自分の犬はあんなもんかい』と笑われないよう、あなた達もしっかりしてくださいよ!

と、愛犬に説教していたら、『あれ? 右足が何となく温かいような・・・』 
あ゛~、やられたぁ~ オシッコを我慢しきれなくなった弟犬が、あろうことか私の足めがけて、シャ~~

トホホホ・・・ 穴があったら入りたい008.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-20 21:29 | ドッグラン

柏駅前 里親会

夏の間お休みしていた柏駅前里親会が、今日から始まりました。

駅前は工事中で、いつもの場所が使えず、工事フェンスの日陰にケージを並べると、たちまち人だかりができました。

本日の出場犬をご紹介します。

エントリーNo.1 ママヤちゃん 1歳9カ月 10kg
b0203758_9273277.jpg

私が預かりをしていた子犬三匹のお母さんです。ちょっと臆病な性格のため、現在ドッグラン仲間のお宅で修行中です。最初はドッグランに来てもしっぽを下げたままで、他の犬と遊ぶことも無く、人間に近寄ることも無く、だ~れも触ることができないくらい、筋金入りの“ビビリ犬”でした。

ところが、毎日ドッグランに来ているうちに、他の犬との挨拶ができるようになり、顔なじみのワンちゃんと一緒に遊べるようにもなりました。さらに、修行を始めて2カ月を過ぎた頃から、他の飼い主さんに名前を呼ばれると寄って行くようになり、今では自ら『撫でてぇ~』と寄って来るまでになりました。016.gif 

『ママヤが、私の手からオヤツを食べたよ』
『今日、ママヤの顔を触れたよ』
『私なんか、抱っこできたわよ!』

どれだけ早くママヤが自分に懐くか、ドッグラン仲間で競ったりして・・・ 
このような犬の変化(成長)を見られるのが、何より楽しく、嬉しいです。

写真に撮ると男の子っぽい顔に見えてしまいますが、実物はとても可愛い女の子です。性格は穏やかで、大きさも10kgと小柄で、とても飼いやすい子です。今イチオシのお勧めワンコです。

エントリーNo.2 ななみちゃん 7カ月 9kg
b0203758_945623.jpg

この顔グロ娘、とにかく人間大好き! 誰にでも寄って行きます。
『うちにも犬がいるんですよ』という、通りすがりのお父さんにしっぽの付け根辺りを撫で撫でされて、目がトロ~ン。制服姿の女子高生のお姉ちゃん達に囲まれ、『きゃぁ~、可愛い~』と言われて超ご機嫌。

嫌なことも3歩歩いたら忘れるお気楽犬。一緒にたくさん遊んでくれる飼い主さん希望058.gif

エントリーNo.3 りんちゃん 7カ月 10㎏
b0203758_9573357.jpg

全身茶色で、ピンと立った大きなお耳と、笑顔がチャームポイント。
りんちゃんには、今回里親さん希望の方が現れました。053.gif お父さんが、りんちゃんに一目ぼれとか。10歳になるメスの先住犬がいるとのことなので、まずはお試しからかな。決まるといいね!

エントリーNo.4 ソーダ君 3ヵ月 5kg
残念ながら写真がありません。毛は茶色で、鼻黒です。“のほほん”とした表情は、まさに癒し系です。

エントリーNo.5 ポメラニアン マロ君 (大きいほう)
エントリーNo.6 ポメラニアン ユキ君 (小さいほう)
b0203758_10353196.jpg

この二頭のポメランニアンは飼育放棄犬です。飼い主はペット飼育不可の集合住宅に住んでいるにもかかわらず、ペットショップでこの2頭を購入し、やがて大家さんに見つかり、自分がそこに住み続けるために、二頭を処分して欲しいと保健所に持ち込んだそうです。

ペット不可の住宅に住んでいながら、ペットを購入する飼い主が1番悪いに決まっていますが、売る方のペットショップにも責任があると私は思います。ペットを買いたいという人がペット可の住宅に住んでいるかどうか、ペットショップはきちんと確認すべきでしょう。アンケートだけでは、ウソをつく人もいるでしょうから、里親会の場合、集合住宅に住んでいる人は、大家さんや理事会の承認書の提出をお願いし、さらに、里親希望の方のお宅まで、犬猫を届けに行き、本当にペット飼育可の住宅か、飼育環境は整っているかなどをボランティアさんが実際に確認します。

ペットショップが現在の販売方法を変えない限り、、マロ君やユキ君のような不幸なペットは、今後も増え続けるでしょう。

お願いします。何とかしてください。愛犬家の政治家の皆さん!
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-19 09:22 | 里親会

狂犬病予防注射会場で愛犬かみ殺される

『狂犬病の集団予防注射会場で、小型犬が中型犬に咬み殺されて訴訟になっている』と、犬仲間が教えてくれました。

早速調べてみました。

愛知県春日井市が実施した狂犬病の予防注射の会場で、愛犬を中型犬にかみ殺されたのは、市職員らが適切な措置を怠ったためとして、飼い主の男性が市などを相手取り、計約140万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしたことがわかった。

厚生労働省結核感染症課は、「予防注射会場で犬がかみ殺されるトラブルは聞いたことがない」としている。

訴状によると、男性の妻が今年4月、同市総合福祉センターで行われた予防注射に、雄のヨークシャーテリア(当時2歳)を連れて行った。料金を支払う際、後ろに並んでいた、5倍の体重差がある雑種の中型犬が首にかみついて振り回し、死なせたという。

男性側は、狂犬病予防法で飼い犬に毎年1回、予防注射が義務付けられていることなどから、「市側には、犬が興奮して暴れないよう飼い主に適切な指示を与えたり誘導したりする義務があった」と主張。「家族の一員のように育ててきた愛犬を無残にかみ殺された」として、市と中型犬の飼い主に、慰謝料100万円や購入代金などの支払いを求めた。訴訟で市側は「犬同士が接触しないようにするのは飼い主の義務」と反論。中型犬の飼い主は「相手の犬が近付いてきたのが原因」などと述べ、請求棄却を求めている。
さて、この記事を読んで、皆さんどう思われましたか?

予防注射会場で犬がかみ殺されたという話は、私も聞いたことはありませんが、順番待ちで並んでいるときに、後ろにいた犬に咬まれたという話は聞いた事があります。

この記事だけでは、当時の双方の犬の精神状態や行動内容、性格や習性(かみぐせがあったのか)、飼い主の対応等がわからないのでなんとも言えませんが、どんな状況においても、『自分の愛犬は自分が守る』という意識を飼い主がもち、集団予防注射会場という特別な場所で、犬たちが緊張している事を理解し、順番待ちをする際は、前後の犬と接触しないよう距離をとり、リードを短く持って犬が動き回らないようにするなどの配慮をすれば、今回のような悲惨な事故は防げるのではないでしょうか。この『配慮』の部分を市側に求めるのはいかがなものでしょう?

犬は敏感です。注射の嫌いな子、臆病な子などは、予防接種会場に向かう道すがら、『おや、いつもの散歩コースと違うぞ。あれ、この公園はいつも入れないのに、今日は犬がいっぱいいるぞ。白い服を着た人間もたくさんいる。』と、異変を感じ取ります。会場から犬の悲鳴が聞こえたりしたら、それはもう大変。恐怖心のあまりパニックになり、飼い主だろうが犬だろうが、そばにいるものに咬みつき、何としてもその場から逃れようと暴れることもあるでしょう。パニックになっている犬を落ち着かせるのは、容易ではありません。

自分の犬の性格を把握し、集団接種会場に連れて行くことが、愛犬にとって負担になるようであれば、動物病院で接種してもらえばよいわけで、無理して集団接種会場に連れて行く必要は無いですよね。以前は、動物病院によっては、集団接種会場より高い料金をとるところもあったようですが、今は厚生労働省が狂犬病予防注射の接種率を上げることに必死なので、法外な料金をとる動物病院はほとんど無いでしょう。注射済票の交付手続きまでやってくれるところもあります。

まだ2歳の可愛い愛犬を、目の前でかみ殺された飼い主さんは、本当にショックだったと思います。たとえ賠償金をもらっても、決して気が休まることは無いでしょう。

以前、深大寺のドッグランで、大型犬が小型犬をかみ殺した事故がありました。大型犬の飼い主は、相手の飼い主に申し訳ないと、自分の犬を殺処分したらしいという話を聞きました。こうなってしまっては、双方の犬も飼い主も気の毒でなりません。

最後に、この記事で一つ気になったのは、『相手の犬が近づいてきたのが原因』という中型犬の飼い主の主張。小型犬がどのように近づいてきたのか、何のために近づいてきたのか、しつこくまとわり付いたのか? そのときの状況をぜひとも知りたい。

今後の裁判の行方を見守りましょう。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-15 10:55

無駄吠え

9月20日から26日は【動物愛護週間】です。
b0203758_1741447.jpg

9月11日発行の練馬区報の一面に、『犬・猫を飼うときのルールとマナー』が掲載されていました。

捨てないで最後まで飼いましょう
迷子札などを付けましょう
ふん・尿は飼い主が責任を持って始末しましょう
リード(引き綱)につなぎましょう
無駄吠えを防ぎましょう
登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務です
人を咬んでしまったら保健所に連絡しましょう

と、至極当たり前の事柄が書いてありましたが、その中の【無駄吠えを防ぎましょう】という項目の解説にちょっと疑問。

『餌を十分に与え、散歩など適度な運動をさせて、ストレスを解消させましょう。』と書いてありました。
確かに運動不足でストレスが溜まり、無駄吠えをすることがあるかもしれませんが、無駄吠えをさせないために最も重要なのは、子犬のうちから社会性を身につけさせ、家庭犬としてのしつけや訓練をしっかりすることだと思います。

日本に来た欧米の方は、『日本の犬はどうしてあんなに吠えるのか?』と驚くそうです。なぜなら、欧米では犬を飼い始めたら、お金を払ってでも犬にしつけと訓練を受けさせるのが当たり前で、散歩中すれ違いざまに、他の犬や人に吠えたりするような犬がいないからです。

先日、ある犬仲間がドイツ&スイスに旅行に行きました。レストランやホテル、バスや電車などの公共スペースに、ごく普通に犬がいて驚いたとのこと。
b0203758_16464339.jpg

ケージやバックに入っているわけでもなく、小さい子も大きい子も、歩くときは飼い主に添って歩き、レストランや乗り物の中では、飼い主の足元で伏せています。
b0203758_16471370.jpg

他の犬や人に対し吠える子もいません。室内で粗相をする子もいません。マナーベルトを付けている子もいません。大型犬がバスや電車に乗ってきても、嫌な顔をする人もいなければ、大騒ぎする子供もいません。

スイスに嫁いだ友人の話では、★の数が多い高級ホテルほどペット可なのだとか。なぜなら、犬などのペットを連れて旅行する人には、お金持ちが多いからからだそうです。もちろん犬も一緒に客室に入れます。犬はペット専用の別棟に収容なんてことはないそうです。

話がそれてしまいましたが、そもそも“無駄吠え”って何でしょう? 

言葉を話せない犬にとって、自分の意思や要求を伝える手段は、吠えることと噛むこと位しかありません。
『犬は無駄に吠えているわけではなく、犬なりの理由があって吠えている。人間にとって都合の悪いときに吠えると“無駄吠え”と言われてしまうだけ。』と救助犬協会の先生もおっしゃっていました。犬がなぜ吠えているのかを飼い主が理解し、その原因(不安要素)を取り除いてやれば、犬は吠えません。また、吠えている原因がわからない時でも、犬が飼い主を信頼できるリーダーと認めていれば、『吠えてはいけない』と飼い主が命令すれば、犬は吠えるのを止めるはずです。

性格が臆病、怖がり、内向的な犬ほどよく吠えます。そんな子は、できるだけ様々な体験(刺激を与えること)をさせて、犬の協調性、順応性等社会性が育まれるようにしてやることが必要です。また、飼い主が強いリーダーシップをとって、犬の警戒心を解きほぐし、犬を安心させてやる事も何より重要です。もし犬を過保護にしたり甘やかしたりすると、どんどん気難しく(自己中心的)なり、飼い主に対して強気でとても横暴な態度を取るようになる事があります。

【質問】 大きい犬より、小さい犬のほうがよく吠えます。なぜでしょう? 

小型犬から見ると、大型犬や人間は、怪物のように見えるかもしれません。臆病な子や怖がりの子は、知らない犬や人に対し、あまりの大きさに恐怖心を覚え、『こっちに来るな!』と吠えて警告します。

このようなとき、吠えている小型犬を抱き上げてしまう飼い主さんが実に多いです。飼い主が抱き上げてしまうと、犬は飼い主が援護してくれていると思って余計強気になり、もっと吠えるようになってしまいます。したがって、この抱き上げを止めない限り、大きな犬や人間を見ると吠え立てるという悪習性は、いつまでたっても治りません。

子犬の頃からいろいろな犬や人に接する機会を与え、大きな犬に対しても恐怖心を持たないようにさせておくことが大切です。これも【犬の社会化】の一つです。とはいえ、小型犬の子犬をいきなりドッグランで、大型犬と一緒にするのは危険です。怖い思いをして、それがトラウマとなって、ずっと大きな犬を怖がってしまう可能性があるからです。

最初は、散歩の途中など、お互いリードを付けた状態で、犬同士の挨拶のさせ方、上下関係を覚えさせることから始めます。その際、できるだけ性格の穏やかな相手(犬)を見つけ、相手の飼い主さんにも協力してもらえると、なお良いですね。こうして、大きな犬、元気な犬、年配の犬、臆病な犬、けんかっ早い犬など、世の中にはいろんな犬がいる事を子犬に学ばせていくのです。

ランの外を通る犬に対して、あるいは、隣のエリアにいる犬に対して、吠え続ける犬がいます。このとき、飼い主さんが吠えるのを止めさせなければ、この犬は『こういう状況で吠えてもいいんだな』と学んでしまいます。特に臆病、怖がりの性格の犬は、ほおっておくと、いつまでも吠え続けるようになる傾向があるので、吠え始めそうなとき、あるいは吠え始めたらすぐに注意して早めに止めさせる事が必要です。

飼い主と犬の信頼関係がしっかりできていて、飼い主が強いリーダーシップを発揮していれば、いかなるシチュエーションにおいても、犬は飼い主の言う事を聞きます。

犬とは、人間がそのように作った動物なのですから。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2010-09-14 17:11 | 犬の習性


Enjoy my life with dogs!!


by Diana

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
わん・にゃん旅
ドッグラン
愛犬しつけ教室
犬の病気
犬の習性
里親会
犬の能力
城北中央公園
迷子犬
日常あれこれ
東日本大震災
動物愛護法
里親募集中

猫の習性
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

検索

最新の記事

庭猫
at 2017-05-30 15:18
久しぶりの北軽井沢
at 2017-05-22 13:42
まだ4月なのに・・・
at 2017-04-23 11:03
いぬとねこの譲渡会&バザーの..
at 2017-04-19 11:12
里帰り
at 2017-03-27 11:21

ブログジャンル

犬