カテゴリ:里親会( 107 )

《収容犬を救う会》城北支部発足!?

収容犬を救う会の本部(?)は、茨城県の古河市にありますが、5年ほど前から年二回、ランゾウさんで『譲渡会&バザー』を開催させていただいているおかげで、板橋・練馬地区には収容犬を救う会出身のわんこがたくさんいます。

犬を介して人と人との繋がりが広がり、『犬を欲しがっている人がいるんだけど…』とか、『○○さんのところで、二匹目を探しているらしいよ。』な~んて053.gif情報が入るようになりました。そのような場合、『里親会にもいい子がいますよぉ~ ペットショップに行く前に、インターネットで里親会を検索してみて!』と里親さんになることをおススメしたり、『今度ランゾウさんで譲渡会があるから見に来て!!』と地道に営業活動(?)をしてきたおかげか、身近にも収容犬を救う会の仲間が増えてきました。

一年数か月前のこと。

『アトス君が病気で亡くなってしまい、飼い主さんが二匹目のわんこを探しているみたいよ。』わんこ仲間のユキちゃんママから連絡がありました。

早速、営業活動開始!

まずは、収容犬を救う会のブログを見ていただき、好みのわんこを探していただきました。秋のランゾウでの譲渡会が終わったばかりで、次の譲渡会までは、まだだいぶ日にちがあったため、毎月開催している横浜の動物病院での里親会に行っていただき、“くまで君”を見初めていただきました。016.gif

“くまで”改め、“けんちゃん”となって早一年。
性格抜群のけんちゃんは、誰からも『いい犬ですね。』と褒められるそうで、今ではママさんご自慢の愛犬なんですよぉ~006.gif

そんなけんちゃんの一周年記念パーティーをランゾウさんで開催しました!

b0203758_16211268.jpg
今や、わんこの手作りごはん&おやつのスペシャリスト、こてとわ母さんが、けんちゃんのためにスペシャルケーキをプレゼント!!  いつもながら見事な出来栄えです!010.gif
 
b0203758_16205841.jpg

『お行儀よくマテをして、けんちゃん、えらいわねぇ~』と思ったのも束の間。
こてとわ母さんが参加犬9頭に切り分けてくれたモノのうち、あろうことか、我が家の兄貴の分をパクッとひと口で失敬し、その後、自分の分もパクッと丸呑み!! 041.gif 

よかよか! スプーンでちびちび食べる犬なんかより、元気な若いわんこは、ガツガツ食べた方が気持ちよか!!

この日、収容犬を救う会出身のわんこが7頭集まりました。
『これだけいれば、収容犬を救う会の城北支部が作れちゃうかも?』と考えた私は、『ならば、収容犬を救う会・城北支部発足会と称して、代表のKさんにも来てもらおう!』と思い、お誘いしてみました。

『ぜひ、行きたいわ! どうにか調整してみるわね。』と、おっしゃっていただき、参加者の皆さんには内緒で、サプライズ登場していただく計画を立てました。

ところが・・・

『昨日の夕方、母子犬(母犬+乳飲み子6頭)を保護することになってしまい悩んだんだけど、今回は残念だけど遠慮させていただくわ。』と連絡があり、がっかり007.gif

b0203758_16391849.jpg
でも、添付されていたこの写真を見たら、納得・・・

犬猫の保護活動は、生半可な気持ちではできないということが、よくわかります。

そんな優しいKさんに助けてもらった犬猫たちには、ぜひとも幸せになってもらいたいと心から願っています。056.gif

この日集まった愛犬家の皆さんは、里親さんだけでなく、日頃から収容犬を救う会の活動をいろいろと支援してくださっている皆さんです。

これからも、収容犬を救う会の輪がどんどん広がっていくと嬉しいですね053.gif









[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-03-29 16:59 | 里親会

我家の犬歴⑪

兄貴も野良犬でしたが、生後5ヵ月位の時に保護されたので、恐らくひとりで生きていくための修羅場を経験したことはなかったと思われます。なので、我家での生活にもすぐに順応しましたが、チビちゃんは・・・

b0203758_14363554.jpg
収容犬を救う会のKさんの見立てどおり、兄貴との相性はバッチリで、

b0203758_10271575.jpg
すぐに兄貴の耳をペロペロ舐め、服従の姿勢を表しました。

野良生活を一年近くしていた割には、
b0203758_14203669.jpg
ソファーで完全無防備にリラックス。

b0203758_14204968.jpg

でも、寝顔は怖い・・・

b0203758_14211100.jpg
野良時代は、きっとこんな風に車の下で寝たりしていたんだろうね~
b0203758_14195854.jpg
こんな風に無邪気に二匹で戯れる姿をみていると、多頭飼いっていいなぁ~と、つくづく感じます。
b0203758_14230107.jpg
幼子の身で、食べ物を探すのも、その日の寝床を決めるのも、身の安全を守るのも、み~んなひとりでやって来たチビ。これからは、飢える心配もないし、温かい寝床もあるし、やさしいお兄ちゃんもいるし、身の安全は私たちが守るから、な~んにも心配はいらないよ。
b0203758_14260302.jpg
我が家の一員になったからには、これからたくさん楽しいことが待っているからね!!

“チビ” 改め、“弟犬”の第二の犬生は、こうして始まりました。016.gif






[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-03-27 09:50 | 里親会

春風に乗って、お便りが届きました

東京でも桜の開花宣言が出されましたが、城北公園の桜のつぼみは、まだまだ小さいです。
b0203758_11114161.jpg
と思っていたら、昨日の夕方、冷たい北風に揺れる1輪の桜の花を発見056.gif
ちょっぴり得した気分になりました。043.gif

このところの寒の戻りの中、ぽかぽかのお便りが届きました!

b0203758_11121510.jpg

この愛らしい表情、美ボディのわんこ、皆さん覚えていますか?

我家で初めて預かりをしたのこ(旧姓:のんこ)で~す053.gif

のこも、もう6歳半になったと聞き、うちのわんこたちも年を取ったのだなぁ~と感慨ひとしお。病気も怪我もせず、パパさんのジョギングのお供をしたりして、ますますマッチョ女子になっているような…037.gif

のこのママさんは、今でも『のこ便り』と称して、のこの様子を知らせてくれます。
『のこ便り』を楽しみにしている人がもう一人います。収容犬を救う会のKさんです。のこは生後四ヶ月で右ひざの手術をしました。それだけに、Kさんにとっても、のこは特別なわんこの中の1頭なのでしょう。

のこが我家にいたのは、3ヵ月位だったかな。
その間、兄貴達と一緒に、あちこち旅行に行きました。
b0203758_11133336.jpg
これは草津白根山に行ったとき、お釜をバックに写した一枚。のこは6年たっても全然変わらないね~ 羨ましい・・・
b0203758_11405218.jpg
のこはお転婆娘だったけど、おっさん2人も六年前はまだ若かったから、のこの面倒を良く見てくれました。

のこの飼い主さんは、里親会からわんこを迎えようと、いろいろな里親会を調べていたようですが、のこを見て初めて<ピン!>と来たそうです。

のこ、幸せをゲットできて、本当に良かったね。
b0203758_11115664.jpg
のこのことをいつも一番に考えてくれるお父さんとお母さんのために、元気で長生きするんですよ。016.gif











[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-03-25 11:58 | 里親会

我家の犬歴⑩

『いらっしゃ~い060.gif
Kさんが、たくさんの野菜を抱えて帰ってきました。

『あのぉ~、まさかこの子じゃあ・・・』
『可愛いでしょ、チビ!! とってもいい子なのよぉ~』

えっ、やっぱりこの子なんだ・・・008.gif 
子犬でも、小型でもないのに、名前は "チビ" ??
b0203758_10244757.jpg
私がKさんに電話をかけた前の日。
Kさんの自宅近くの草むらの中に潜んでいたところを、散歩中のKさんに発見、保護され、翌日には動物病院で健康診断と去勢手術をされたチビ。
年齢は、推定10ヵ月。

うっそぉ~~、これが10ヵ月の子犬ですか??? 
兄貴より大きいかも・・・008.gif


チビの風貌を見て、二の足を踏んでいた私たちに、
『チビは一歩引いたところがあるから、兄貴とも仲良くやって行けるわよ~056.gifとKさん。

一歩引いたところがある犬って、どんな犬?

実は、これが保護犬を知り尽くしたKさんならではの表現方法なんです。043.gif
実際に飼ってみて、その意味が分かりました。

b0203758_10260226.jpg
隣の子犬部屋から、ことの成り行きを見守る子犬たち。
あなたたちが本当の "チビ" よね~

私が思い立って電話した前日に保護されたのも、何かの縁なのでしょう。
Kさんいち押しのチビ君(推定生後10ヵ月)は、こうして我家の三代目わんこに決定いたしました!

しかし、翌週末、私たちは乗鞍高原に旅行の予定があり、さすがにうちに来て一週間の犬を旅に連れて行くのは無理なので、お迎えは2週間後と約束をし、この日はチビの代わりに山のような新鮮なお野菜をいただいて帰宅いたしました。

そして2週間後、我家の多頭飼いが始まりました。060.gif
b0203758_10263819.jpg



[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-03-20 15:10 | 里親会

我家の犬歴⑥

今でこそ、柏駅前里親会や年2回のランゾウさんでの譲渡会&バザーのスタッフとして活動している私ですが、当時はただの犬好きの『里親のひとり』に過ぎませんでした。

犬猫の里親会というと、『広い敷地にシェルターがあり、1頭1頭個室ケージに入れられ、多くのスタッフが犬や猫の世話をしている』というイメージを私は持っていました。

ところが、Kさんのお宅を訪れて衝撃を受けました。005.gif

普通の一戸建てのお宅。

別棟にシェルターがあるわけでもなく、お手伝いのスタッフは、その日は一人もいませんでした。

当時は庭にドッグランがなかったので、お天気の良い日は、成犬たちは庭に1頭ずつ係留されていました。

b0203758_10251535.jpg
※今は里親さんのご協力で、庭に立派なドッグランがあります!
b0203758_10293109.jpg


子犬には子犬部屋がありましたが、年寄りの犬や障害のある犬は、Kさんの目が届くようキッチンスペースにいました。

これだけたくさんの保護犬を、Kさんひとりで世話をしているの?

フード代は?

ワクチンや病気の子の治療費は?
シャンプーはどこで、だれがするの?

あとでわかったことですが、平日はKさんひとりで世話をしていて、里親会や犬猫のお届けがあるときは、知り合いの方に家に来てもらって犬猫の世話をお願いしているそうです。Kさんが若かった頃(おっと、失礼!)は、犬猫の保護費を稼ぐため、夜中の仕事にも出かけていたそうです。

ネットで調べると、たくさんの動物保護団体がありますが、立派なシェルターを保有しているような大規模な団体はほんの一部で、多くはKさんのように、地道に個人で保護活動をされているというのが、日本の動物愛護の現状です。007.gif

Kさんの自宅を訪れたのを切欠に、私は動物愛護に関心をもつようになり、やがて城北中央公園ドッグランの設立にも携わることになりました。




[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-02-13 10:53 | 里親会

子犬捜索

静かな日曜日の朝8時半。
収容犬を救う会のSさんから電話がありました。

『キッシュがいなくなったの。捜索のお手伝いに来られる?』

キッシュは、先週のランゾウさんでの譲渡会&バザーで里親さんが決まったメスの子犬で、2日前の金曜日にお届けしたばかりとのこと。
b0203758_10363615.jpg

土曜日の午後、里親さんに抱かれて外に出たとき、腕から飛び出していなくなってしまったらしい。

キッシュはまだ生後3ヵ月弱で、散歩をしたこともないし、とってもビビリな性格なので、そんなに遠くには行っていないだろうとのこと。ならば、少しでも早く現地捜索したほうが良い。

念のためにと迷子チラシを急いで制作し、ナナタク母さんの車で杉並の里親さん宅に急行。

茨城から駆けつけたKさんをはじめ、集まった収容犬を救う会関係者は13名。皆さん保護犬のため、Kさんのためならと休日返上で駆けつけて来ました。一匹の子犬捜索のために、瞬時にこれだけの人員が集まるのは、ひとえにKさんの人徳よるものだと思います。

里親さんのお宅は工場を営んでおり、敷地内には資材がたくさんあり、子犬が隠れることのできる場所がたくさんあります。先着組が敷地内にはいないと確認していたので、手分けして近所の聞き込みと迷子チラシの配布を行うことになりました。

キッシュはビビリなので、『名前を呼んではいけない』、『見つけても自分で捕まえようとせず、すぐにKさんを呼ぶ』という指令を受け捜索開始。

散歩の経験もなく、増してやこの地に来たのは2日前の子犬ですから、そんなに遠くに行くはずはないだろうと判断。近隣を中心に捜索しましたが、このあたりは庭付きのお宅が多く、子犬が隠れそうな場所がたくさんありすぎ。ここぞと思われるお宅には、事情をお話してお庭を探していただいたりもしました。

二時半を過ぎた頃、『キッシュがいた!』との声!!

後から捜索に加わったスタッフが、里親さんの工場内に置かれた資材にかけられていたビニールシートをめくってみたら、奥のほうに毛むくじゃらの茶色いお尻がみえたらしい。
b0203758_10403855.jpg

ビビリのキッシュがパニックなって道路側に飛び出さないようにと、そこいらにあった板で囲いをして、Kさんが資材の下からキッシュを引っ張り出しました。038.gif
b0203758_1044237.jpg

ビビリのキッシュは、Kさんに抱かれてもブルブル震えていました。
『早く見つけて~』と不安に思いつつも、見知らぬ場所で怖くて動くことができず、さぞかし怖い思いをしていたことでしょう。

しかし、こんなに近くに潜んでいたのに、なぜみんなビニールシートをめくらなかったのか・・・ 
灯台下暗し?
反省・・・ 008.gif

子犬だからそんなに遠くには行かないだろうと、皆思ってはいたものの、すぐ目の前には線路があり、100mも行くと環状八号線が通っていたので、心配は尽きず。

でも、早く見つかって本当に良かったね。
里親さんには、Kさんの友人の訓練士さんから子犬を飼う心得をみっちり指導していただき、再度キッシュを託すことにしました。
b0203758_10553561.jpg


余談ですが、今回の子犬捜索の話しを聞いたこてとわ母さんのひと言。
『城北公園ドッグランの掲示板に今も掲示されている黒柴の迷子犬も、いなくなってすぐにそんな捜索隊ができたら見つかっていたかもね・・・』

確かに、これまでにも収容犬を救う会から譲渡された犬が迷子になったケースは何件かありましたが、見つからなかった子は一匹もいません。

なぜなら、

『見つかるまで探す』

それが収容犬を救う会代表のKさんの信念だから。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-12-01 11:07 | 里親会

譲渡会&バザー、無事終了!

秋の【犬と猫の譲渡会&バザー】、無事終了いたしました。

バザーの売上もまずまずでしたが、今回は犬二頭、猫四匹の里親さんが決まりました! 038.gif 

前回の譲渡会では、犬も猫も里親さんが決まらなかったので、今回は本当に嬉しいです!!

バザー品をご寄付していただいた皆様、バザーにお越しいただいた皆様、心より御礼申し上げます。040.gif ありがとうございました。

そして、毎回お店を貸してくださるランゾウママさんにも感謝です!!
譲渡会&バザーの日には、ランゾウさんの前には大勢の人や犬たちが集まります。
当然近隣住民の方からランゾウさんに苦情があったと推測されます。(ママはそんなことひと言もおっしゃいませんが・・・) でも、ママさんの地道な活動のお陰で、近隣住民の方にもご理解いただき、毎年春と秋の2回、【譲渡会&バザー】を開催させていただくことができるのです。本当にありがたいです。

それから、忙しい中、いつも手作りのわんこオヤツを届けてくださるこてとわ母さんにも感謝です。056.gif 年々認知度が高まり、『わんこのおやつはありますか?』と、聞かれるようになりました。今回もクッキーはあっという間に完売しました。

そして、今回はなんと、新作『わんこケーキ067.gif』が登場しました!!
b0203758_116327.jpg

土台は野菜入りのミートローフ。飾りはかぼちゃと紫芋の粉末で色付けしたマッシュポテト。
ワンコ用にはもったいない位きれいですよね。
こてとわ母さん、いつもありがとうございま~す!053.gif

たくさんの方に支えられて継続している【犬と猫の譲渡会&バザー】です。

本当は、捨て犬や捨て猫が無くなり、譲渡会なんて必要なくなるのが一番ですが、ペット後進国の日本では無理ですね。007.gif

一匹でも多くの犬と猫に優しい里親さんが見つかるよう、これからも応援よろしくお願いいたします!!
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-11-25 11:15 | 里親会

陶芸家 秋保浩樹氏 作品展開催中!

城北中央公園ドッグランの元ボランティア仲間のわんこ、バリーちゃんと妹のペイジちゃんは、我家のワンコたち同様、里親会出身の由緒正しい雑種犬です!016.gif

そして、バリーちゃんとペイジちゃんのお父様は、有名な陶芸家なのです。

今回、バリーちゃんお父様&お母様のご好意により、作品を多数ご寄付いただき、ランゾウさんで作品展を開催させていただくことにりました!! 
b0203758_21155648.jpg

売上は全て、 収容犬を救う会 にご寄付いただけるとのこと。038.gif 感謝、感謝です! 040.gif

バリーちゃんのお父様は、鉄釉陶器を得意とされています。
作品の一部をご紹介しま~す。

直径20cmほどの平皿二種。
b0203758_21181694.jpg

b0203758_21184066.jpg

湯のみはサイズもいろいろ。
b0203758_2119870.jpg

青が美しい小皿。
b0203758_2123363.jpg

ぐい呑みは形も色も多種多様。
b0203758_21194584.jpg

小振りなコーヒーカップ
b0203758_21202762.jpg

ドレッシングやソースを入れるのに便利な片口
b0203758_2121274.jpg

直径20cmほどで深さのある大鉢は、煮物などを盛り付けても、花を生けてもきれいです。
b0203758_21214182.jpg

b0203758_2122497.jpg

この大鉢は直径50cmほどの大作で、展覧会に出品されたもの。
b0203758_21223229.jpg


どれも百貨店などで購入したら相当なお値段のものですが、バリーちゃんお父様にお許しをいただき、今回特別価格にてご提供させていただけることになりました。

気に入ったものがあれば、とってもお得ですよ!!
ぜひ、ランゾウさんへお越しいただき、063.gifでも飲みながら、温かみの有る陶芸品の数々をゆっくりご鑑賞ください。056.gif

数に限りがありますので、ご来店時に写真の作品が売り切れの場合は、ご容赦ください。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-11-07 21:45 | 里親会

秋の “譲渡会&バザー” のお知らせ

b0203758_912120.jpg


今回の開催日は11月24日(月・祝) 12:00~16:30 です!035.gif

これから犬や猫を飼いたいと思っている方は、可愛いにゃんこわんこたちに会いに来て下さい!!016.gif
b0203758_15151774.jpg

b0203758_15155991.jpg

バザー品もたくさんあります!

福島の農家さんを応援するため、直送の新鮮お野菜の販売もします。

ランゾウママさん特製の美味しい<ランチボックス>もお見逃しなく!! 067.gif

前回のバザーでは、残念ながら一匹も里親さんが決まらなかったので、今回は一匹でも良い出会いに恵まれることを期待して056.gif

皆様のお越しを、心よりお待ちいたしております!!!
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-11-01 09:16 | 里親会

敬老の日に考えさせられたこと

9月15日 敬老の日。

柏駅前デッキにて、収容犬を救う会の里親会を開催しました!
b0203758_13274399.jpg

この日はお見合いの予約は入っていなかったのですが、ブログを見て来てくださった方や、通りがかりの三組の方から里親希望のお申し出をいだきました。

しかしながら、そのうちの2組は70歳半ばを過ぎたご夫婦でした。

ひと組の方は、落ち着いた5~6歳位の成犬をご希望でしたが、室内飼育ではなく庭での外飼いとのこと。

収容犬を救う会では、犬も猫も完全室内飼いをお願いしています。しかし、茨城県内には、長年外に繋がれたままで飼われている犬も多く、そうした犬の中には室内飼いは無理な場合もあるので、条件付きで外飼いもOKということも稀にあります。

もうひと組の方は、子犬をご希望でした。

医療が発達した現在、犬の寿命は十数年。長生きの子は20歳近くまで生きられます。

現在はご健勝であったとしても、十数年後、飼い主さんは80台半ばから後半です。その頃も今と同じように元気で犬の世話をできるものでしょうか・・・? もちろん、80歳台でも元気ハツラツの方もいらっしゃると思いますが、ご夫婦のどちらかが入院されたり、寝たきりになられたら、犬の世話どころではなくなるのでは・・・

親の分からない雑種の子犬は、どれくらいの大きさになるか分かりません。せいぜい十数kg位かと思いきや、20kg以上の立派な大型犬になってしまったなんて話、決して稀ではありません。大型犬が寝たきりになってしまったら、その介護はさぞかし大変だと思います。

私は、今飼っている2頭が最後の飼い犬と決めています。

ペットを飼うということは、その命を預かるということ。
終生十分な世話をしてやり、最後の最後まで幸せにしてやること。

自分のためだけでなく、ペットの幸せを考えて、 『飼わない』  という動物愛護の表現方法もあるということを覚えておいていただければと思います。

ちなみに私は、我家の愛犬たちを看取った後は、保護犬や猫の預かりと里親さん探しのお手伝いをしたいと考えています。

奇しくも敬老の日に、ペットを飼う覚悟と責任の重さについて、あらためて考えさせられました。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-09-19 13:46 | 里親会


Enjoy my life with dogs!!


by Diana

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
わん・にゃん旅
ドッグラン
愛犬しつけ教室
犬の病気
犬の習性
里親会
犬の能力
城北中央公園
迷子犬
日常あれこれ
東日本大震災
動物愛護法
里親募集中

猫の習性
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

検索

最新の記事

庭猫
at 2017-05-30 15:18
久しぶりの北軽井沢
at 2017-05-22 13:42
まだ4月なのに・・・
at 2017-04-23 11:03
いぬとねこの譲渡会&バザーの..
at 2017-04-19 11:12
里帰り
at 2017-03-27 11:21

ブログジャンル

犬