カテゴリ:愛犬しつけ教室( 13 )

嬉しい再会

今日の夕方の散歩で氷川台駅近くの路地を歩いていたら、向こうからジャックラッセルテリアがやって来ました。

道が狭いので、飼い主さんは路地に入る手前で待っていてくれました。043.gif

すれ違った直後、『あのぉ~、城北公園ドッグランのブログを書いている方ですよね? 兄貴と弟犬ですよね??』と声をかけられました。

ドッグランボランティア時代には、『ブログ見てます!』と初対面の方に声をかけられることが時々ありましたが、ボランティアを引退して早二年半。久々にお声をかけられビックリ仰天! でも、とっても嬉しかったです!!060.gif016.gif

わんちゃんの名前は、“ももちゃん”。7歳
ドッグランの愛犬しつけ教室に参加してくださったとのこと。

元気いっぱいに短いしっぽをプリプリ振って挨拶に寄って来てくれたももちゃんに、弟犬は『ヴうぅ~』。飼い主さんが、『怒られちゃったね・・・』と。

いえいえ、弟犬は怒って唸っているのではなく、これが弟犬の挨拶のしかたなんですぅ~008.gif ももちゃん、驚かせて、ごめんね…040.gif


家に帰って、愛犬しつけ教室のアンケートの集計表を見てみたら、ももちゃんは2009年に7回も参加してくれました。最後のアンケートの感想には、『常にきちんと横についておとなしく散歩できるように。人や他のワンちゃんに会っても落ち着けるようになりました。』と書いてありました。038.gif 

愛犬しつけ教室、実施した甲斐がありました!! 006.gif

そそっかしい私は、ももちゃんの写真を撮らせてもらうのを忘れてしまいました。でも、お家が近いようなので、きっとまた会えるでしょう。

次回お会いしたときは、ももちゃん、写真撮らせてね056.gif







[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-10-21 20:53 | 愛犬しつけ教室

我家の犬歴⑯

城北中央公園にドッグラン設置が決定した際、

『飼い主へのマナー啓発』

『犬のしつけ教室実施』

を東京都から熱望されました。

マナー啓発に関しては、ホームページでの情報発信や
東京都推奨のイベント会社とのタイアップイベントなどを実施しましたが、
しつけ教室に関しては、素人ができるものではありません。

そこで、都立公園ドッグランボランティアの先輩であり、
ドッグトレーナーのスタッフがいる『深大寺 人と緑と犬の会』に相談しました。

基本的なしつけを教えることは、誰でもできますよ。
深大寺で開催しているしつけ教室も指導者役は素人のスタッフですよ。
うちのしつけ教室に参加してくれたら、マニュアルを差し上げますから、
城北さんでも、ぜひやってみなさい!

と勧めていただき、ミーサー家、ほたる家と共に参加しました。
b0203758_16113156.jpg

b0203758_15471960.jpg
これは、おやつを使ってのアイコンタクトの練習。
兄貴、目力がありますね!

b0203758_16120645.jpg
ミーサーママとの<マテ>ツーショット!(涙・涙・涙…)

b0203758_16122415.jpg
マズル、耳、足先、しっぽ、どこを触られても嫌がらずにいられるかな?
あらあら、弟犬は気持ちよくなっちゃって全身脱力?

お腹を見せられるかな?
b0203758_15473669.jpg
は~い! この通り!!

初級・中級、各2回ずつ、全4回のコースを修了し、
深大寺オリジナルしつけマニュアルを頂戴しました。


2006年当時、ドッグランはフリーエリアと小型犬エリアの2分割で、
利用者の多い日曜日に、
一つのエリアを貸切ってしつけ教室を開催することは難しかったので、
第1回目は、かりん広場で行いました。

b0203758_15523532.jpg
素人の私たちが《しつけ教室》と銘打って開催することには、少々抵抗があったので、
《ふれあいマナーアップ教室》
という名称で開催することにしました。


当時は、ドッグラン以外の場所でイベントを開催するためには、
東京都建設局の東部公園緑地事務所に
たくさんの申請書類を提出しなければならず、
公園のサービスセンターも、あまり協力的ではありませんでした。007.gif

まずは、ボランティアスタッフに体験してもらうことにしました。
b0203758_16153610.jpg
基本中の基本、脚足。
b0203758_16152311.jpg
おっ、小春ちゃん、パパさんとのアイコンタクトもバッチリだね。006.gif


b0203758_16150504.jpg
サポーターズクラブの古参、とかちゃんとチャピのコンビは貫禄満点!

b0203758_16155072.jpg
小春ちゃん、マズルを触られるのは、ちょと苦手?037.gif

b0203758_16143514.jpg
飼い主が一列に並んで何をしているかというと、
b0203758_16141571.jpg
5メートルほど離れたところから、一頭ずつ犬を放し、
その犬の名前を、複数の飼い主が一斉に呼ぶ、『こいこいゲーム』。
大好きな飼い主のところに一直線に走る子もいれば、
他の飼い主さんのところに浮気する子もいたりして、
結構盛り上がるんです。
b0203758_16135662.jpg
もちろん、兄貴は大好きな父ちゃんにまっしぐら060.gif

b0203758_16134003.jpg
最後に、参加した感想など、アンケートに書いてもらいました。
このアンケートから、城北公園ドッグラン利用者の犬種、
どの地域から、どんな交通手段で来るのか、
犬の飼育やしつけに関する悩みなどが把握でき、
後のしつけ教室に生かされました。

この頃は、ボランティアスタッフの皆さん、
ドッグランを盛り上げようと必死でしたね。

まだ施設も充実していなかったし、寄付金も少なかったけど、
スタッフの皆さんの情熱は、めちゃくちゃ熱かった!! 058.gif




[PR]
by smiling-dogs-two | 2015-05-16 17:22 | 愛犬しつけ教室

継続は力なり

城北中央公園ドッグランでは、日本救助犬協会によるしつけ教室を開催していましたが、サポーターズクラブのスタッフ不足のため2011年2月で中止となりました。

犬の問題行動に悩んでいる飼い主さんは想像以上に多く、かといって、いきなりドッグトレーナーに頼むのも・・・という方のために、『犬の訓練って、こんな風にやるんだ。』と飼い主さんに体験していただき、犬の訓練に興味を持っていただくために始めたドッグランでのしつけ教室でした。

しつけ教室への参加がきっかけで、犬の訓練に真剣に取り組むようになった飼い主さんも少なくありません。熱心な飼い主さんの中には、ドッグランのしつけ教室が無くなった後も、地道に訓練を続けている方がいます。

そんな方たちの中の三組が、5月3日に開催される【城北訓練士競技会】に参加することになりました!

今までの成果を発揮できる貴重な機会です。
先日行われた競技会参加者のための特別レッスンの模様を潜入ルポ!!

一番手は、
b0203758_11105596.jpg

既に日本救助犬協会の服従訓練試験中級に合格しているジャックラッセルテリアのルースちゃん。

ルースちゃんの得意技は、遠隔指示。10mほど離れたところから、飼い主が手の動きで犬に『すわれ』『フセ』『立て』などの指示を出します。
b0203758_11113098.jpg

ルースちゃん、さすがベテラン。落ち着いて指示に従います。 お見事!

二番手は、
b0203758_1112110.jpg

トイプードルのモカちゃん。

ドッグランのしつけ教室に来ていた頃は、落ち着きが無くて、よく吠えていたけれど、飼い主さんがとても熱心に訓練を続け、今回初めて公の競技会に参加することになりました。
b0203758_11125316.jpg

モカちゃんより、飼い主さんのほうが緊張気味かな?

そして三番手は、
b0203758_11142100.jpg

昨年この競技会の初級クラスの訓練王座に着いたジャックラッセルテリアのドロティーヌちゃん。
ディフェンディングチャンピオンが2年連続の王座を狙います!

ドロティーヌちゃんの魅力は、切れの良い動き。コマンドへの反応がピシッと決まるし、飼い主さんの顔を見ながらの脚足は、それはそれは見事!
b0203758_1115318.jpg

ただし彼女の場合、テンションが高すぎるのが難点。彼女にはテンションを抑えるボタンがいくつかあり、その日その場にあったボタンを飼い主さんが見つけられれば、連覇も夢じゃない!!

出場者の皆さん、これまでの訓練の成果を十二分に発揮してくださいね! 006.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2013-04-29 11:18 | 愛犬しつけ教室

『継続は力なり』 祝・合格 - 中級編

さぁ、いよいよLちゃん再挑戦の中級です。
b0203758_11371485.jpg

中級は2組ずつ行います。奇数番号のワンコは、脚側等の審査からで、偶数番号のワンコは3分休止から行います。Lちゃんは22番だったので、最初は3分休止です。

この組み合わせが結構重要なんです。なぜか? それは後で分かります。

まずは2組揃って審査員の I 先生にご挨拶。
b0203758_11381458.jpg

I 先生は日本の警察犬育成の第一人者です。日本救助犬協会の試験では、服従訓練試験の担当です。審査はとても厳しいです。

フェンス沿いにオス用とメス用の二つの枠が記されています。この枠の中でフセをさせ、飼い主は10mほど離れたところのイスに犬と対面する形で座ります。
b0203758_11383988.jpg

3分休止、スタート!

30秒経過・・・ Lちゃん、落ち着いています。
1分経過・・・・ もう一組の飼い主さんのコマンドや周囲の音に、耳をピクつかせるLちゃん。
2分経過・・・・ あと1分。Lちゃんは微動だにしませんが、見ているこっちはドキドキ。
3分経過・・・・ 3分休止終了! 飼い主は犬のところへ戻り、後ろを回って犬の右側に立ち、オスワリをさせて試験終了。Lちゃん、完璧です!! 003.gif

そして、種目交代。

まずはリードをつけての脚側。30mのクランクを、行きは常歩、帰りは速歩で往復します。
b0203758_11391036.jpg

これは序の口ですね。

次は同じことをリード無しで行います。
b0203758_1139364.jpg

Lちゃん、ちょっと遅れ気味のところもありましたが、まずまずの出来です。

次は、脚側中にコース上の印された地点でオスワリをさせ、飼い主はそのまま歩き続け、10m離れた位置で犬と対面し、審査員の指示で犬を呼び寄せ、左に着けて座らせます。そして、スタート地点まで脚側で戻ります。
b0203758_1140415.jpg

次は、オスワリの代わりにフセをさせます。
b0203758_11402773.jpg

この時、なんと3分休止中のワンコがLちゃんに向かって突進・乱入してきたのです。005.gif
『あ゛~、なんてこった。ここまで順調に来てたのにぃ~~~』

でもLちゃんの飼い主さんは驚くほど落ち着いていました。気が散ってしまったLちゃんをしっかり呼び寄せ、何事も無かったように試験を再開。 042.gif おぉぉ~、飼い主さんもLちゃんも、すばらしい!!! 

でも、油断はなりません。これまでの観察から、3分休止中に逃走する子は、たいてい何度も逃走します。案の定、Lちゃんが立止を行っている最中、またも乱入してきました。今回は二度目ですから、かなりしつこいです。あ゛ぁぁ~、Lちゃんが誘いに乗ってしまいそう・・・『逃走ワンコの飼い主よ、早く捕まえんかい! 022.gif』と心の中で叫ぶ。

乱入してきたときの写真を撮っておけば良かったと後になって思いましたが、あの時は、あまりの動揺に写真を撮るどころではありませんでした。離れたところで動画撮影していたLちゃんのお父さんも、びっくりして手が震え、画像がぶれてしまったので電源を切ってしまったとか。

しか~し、このときもLちゃんの飼い主さんは全く動じず、冷静だった! 
こういう非常時こそ、飼い主と愛犬との信頼関係がモノをいいます もう一頭のワンコの後を追いかけそうになるLちゃんに向かって、飼い主さんが毅然とした態度で『L、コイ!』と呼ぶと、Lちゃんは『ハッ!』と我に返り、飼い主さんの所に戻り試験続行。
b0203758_11414314.jpg

立止も完璧。006.gif

前回飛べなかった障害物は・・・
b0203758_11421196.jpg

1回のコマンドで見事なジャンプ 060.gif

Lちゃん、もちろん中級合格で~す! 056.gif

試験終了後、『もう1頭のワンコが乱入してきたときは、冷や汗ものでしたね。』とLちゃんの飼い主さんに言うと、『もう3度目だからね。慣れたものよ。』と実に落ち着いていたのには脱帽しました。

Lちゃん&飼い主さん、中級合格おめでとう!053.gif

今回の試験に合格したA君もLちゃんも、ドッグランのしつけ教室を切欠に訓練を始めたワンコです。

★犬にはどうしてしつけや訓練が必要なの?
★しつけと訓練の違いは?
★訓練を続けるコツは?
★犬との信頼関係って?

こんな疑問をお持ちの飼い主さん、意外と多いのでは?

3年間訓練を続け、見事服従訓練試験中級に合格したLちゃんの飼い主さんから、愛犬家の皆さんへ

しつけに対する考えも、始めた時と今ではかなり変わりました。
可愛い可愛いだけでは、今の私達と愛犬との関係は築けなかったと思っています。
最初は何も分からず、愛犬にもかなりストレスをかけてしまいました。
今は少し心に余裕が出来、今日出来なくても明日出来ると、毎日毎日その繰り返しで訓練出来る様になりました。
きっと私の様に、愛犬を良い子にしたいけれど、やり方が良く分からない方が沢山いらしゃると思います。
私たちの経験が、しつけや訓練を考えている飼い主さんたちに、少しでもお役に立つ事が出来るなら幸いです。

次回の試験は来年5月か6月になると思います。皆さんの中で、『挑戦してみたい!』と思われる方は、サポーターズクラブまでご連絡ください。(日本救助犬協会の服従試験の申込みは、個人では出来ません。) 訓練に関するご相談もお受けいたします。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-12-01 11:52 | 愛犬しつけ教室

『継続は力なり!』 祝・合格 - 初級編

11月20日(日)。
b0203758_1345339.jpg

西武池袋線練馬駅北口広場で、【日本救助犬協会 服従捜索訓練試験】が行われました。

年2回行われるこの試験、服従訓練試験に関しては、一般のワンコも参加することが出来ます。今年3月までドッグランで開催していた日本救助犬協会 チームベルデによるしつけ教室に継続的に参加していた訓練意識の高い飼い主さんには、この服従試験への参加を積極的に勧めてきました。

そしてこれまでに、しつけ教室組からは、中級&初級合格犬が4頭、初級合格犬が3頭でています。

ドッグランでのしつけ教室はもう開催していませんが、賢くカッコイイわんこ&飼い主目指して、日々訓練を続けている方もたくさんいらっしゃいます。

今回試験に挑戦したのは2組。初級初挑戦のポメラニアンのA君チームと、前回中級試験に挑戦したものの、最後の障害物の飛び越しだけが出来ずに不合格となってしまったジャツクラッセルテリアのLちゃんチーム。

まずは初級から。
b0203758_13461345.jpg

皆さん試験開始直前の最終調整をしています。会場の雰囲気に飲まれないようにしないとね。
b0203758_13463058.jpg

初めての場所で、異様な雰囲気の中、満面の笑みのA君。016.gif

A君がドッグランのしつけ教室に初めて参加したときのこと、鮮明に覚えています。
b0203758_13504855.jpg

なぜなら、飼い主さんとのアイコンタクトが完璧で、脚側(飼い主の左について歩くこと)もきれいに出来ていたからです。講師の先生方も絶賛でした。

そんなA君にも苦手なことがありましたね。最初はマテが出来なかったよね。でも出来ないことがあっても、翌月のしつけ教室の時には、それが出来るようになっていたので、講師の先生方もビックリ。005.gif

さあ、A君の番です。
初級は全てリードをつけて行います。

まずは脚側。30mのクランクを歩いて往復します。
b0203758_13525733.jpg

時々飼い主さんの顔を見るのはポイント高いです。

次は、コース上の印された地点でオスワリをさせ、飼い主はリードの長さ分犬から離れて対面し、審査員の指示で犬を呼び寄せ、左に着けて座らせます。
b0203758_13532851.jpg

次は、コース上の印された地点でフセをさせ、飼い主はリードの長さ分犬から離れて対面し、審査員の指示で犬を呼び寄せ、左に着けて座らせます。
b0203758_13535892.jpg

次は、コース上の印された地点で立ったまま待たせます。飼い主はリードの長さ分犬から離れて対面し、審査員の指示で犬のところに戻り、犬の右側から後ろを回って犬の右側に立ち、犬にオスワリをさせます。
b0203758_1355243.jpg

これは『立止』という項目ですが、立ったままですから、犬はすぐに動くことが出来ます。しかし飼い主が動いても、飼い主の動きにつられること無くグッと堪えて待たなくてはなりません。さらに、飼い主が戻ってきて、犬の後ろをぐるっと回る際、釣られて動いてしまう子が多く、A君にもその心配がありましたが、よく堪えました。
b0203758_1355394.jpg

障害物の飛び越しも、一回の指示で難なくクリア。家でジャンプの特訓をした成果ですね。

私の後ろから、『あの子はイイねぇ~。小型犬だから訪問看護犬かな? どこのチーム?』との話声が聞こえました。思わず振り向き、『城北のしつけ教室組です!』と胸を張ってお答えしました。006.gif

大きな失敗も無く、A君見事初級合格です! 038.gif
飼い主さんの目にキラッと光る涙が・・・

一般的に小型犬の場合、何か問題があっても、飼い主が犬を抱き上げてしまえば、取り合えずその場は収まってしまうので、しつけや訓練に消極的な方が多いようで、それゆえにA君のような小さな犬が、飼い主を見ながら、『えっ、ノーリード?』と見間違うほど飼い主の横にピッタリ着いて歩いている姿はとても美しく目を惹きます。

飼い主さんもA君も、本当に良く頑張りましたね。
初級合格、本当におめでとう!! 
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-11-27 14:02 | 愛犬しつけ教室

第20回日本救助犬協会 服従訓練試験 中級編 悲しすぎる後半

しつけ教室組のしんがりを務めますのは、我が家の弟犬でございます。

前回優秀な成績で中級に合格した筋金入りの食いしん坊の兄貴犬と異なり、弟犬は食べ物に興味が無く、ぬいぐるみなどのおもちゃにも反応せず、ボールを投げれば避けて逃げるという、非常に訓練のしにくいタイプの犬です。

兄貴犬の場合、『オスワリ!』とコマンドをかければ、すぐに座りますが、弟犬の場合、1,2,3と間合いを取ってからゆっくり座ります。のんびりした性格なのでしょうが、試験の時にはマイナス要素になります。

さらに困ったのは、服従試験の1ヵ月前に、前回は無かった『立ってマテ』という項目があることを知りました。たった1ヵ月で難しい『立ってマテ』を教えることができるのか・・・

いよいよ出番が来ました。アイコンタクトもバッチリだぞ006.gif
b0203758_955737.jpg

まずはリードをつけたままの脚側行進。尻尾も上がって、まずまずの出来。よしよし。
b0203758_102199.jpg

次に外したリードをタスキがけしている間に、あろうことか耳の後ろをポリポリ掻いているではありませんか! 
b0203758_1023749.jpg

ほれっ、ちゃんとせんかい! と弟犬のわき腹を軽くポンと叩いたら・・・弟犬の頭の中の歯車が、カタッと外れてしまいました・・・005.gif
b0203758_1031278.jpg

オロオロと挙動不審になり、
b0203758_1045471.jpg

スタート地点から逃げようとするのを、無理やり引きずり戻し、
b0203758_10761.jpg

どうにかリード無しの脚側行進を始めたものの
b0203758_1072371.jpg

私との距離がだんだん広がり、
b0203758_1073629.jpg

これじゃあ全然脚側行進になっていない。007.gif
復路の途中でとうとうコースアウトし、
b0203758_1084370.jpg

ヨロヨロと観客の方へ行き、
b0203758_1091134.jpg

男の人に近づいて顔を見ては、『あっ、違う…』、別の男の人に近づいては、『この人も違う…』と、どうやら主人を探している様子。
b0203758_1093998.jpg

これではもう試験に戻ることは無理と判断し、審査員のところに行きリタイアすることを告げました。これまでの特訓の成果を全く発揮することなく、私たちの中級試験は、ものの数分で終わりました。002.gif

この結果をどう受け止めたらよいものやら、よ~く考えてみました。

自分の犬をコントロールできず、犬の実力を十分発揮させてやることができなかったハンドラーの責任と真摯に受け止めました。

はてさて、今後はどうしたものか? もう一回中級試験にチャレンジするか? 弟犬ももう7歳。性格的なことを考えると、もう無理かなぁ~
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-25 10:16 | 愛犬しつけ教室

第20回日本救助犬協会 服従訓練試験 中級編 前半

2番手は、一年前に初級に合格し、今回中級に挑戦するジャックラッセルテリアのLちゃん
b0203758_15435596.jpg

おや? お母さんの左腕に包帯が・・・ 
何と試験2日前の金曜日、ドッグラン近くの滑るレンガの歩道で転倒し、左腕にヒビが入ってしまったとか。005.gif

『大丈夫なんですか?』と聞くと、『中級はリード無しだから大丈夫よ。』と。でも、最初はリードをつけて脚側行進し、その後リードをはずさなくてはなりません。『片手でできますか?』と聞くと、『大丈夫、何度も練習したから!』と、きびきびとしっかりした返答。頼もしい!

最初は初級同様30mのクランクを、リードをつけたまま行きは常歩、帰りは速歩で戻ります。
b0203758_15454043.jpg

むむっ、いつもと違うぞ。お母さん、左手を使わず、右手だけのほうが良いみたい。037.gif
b0203758_15515586.jpg

Lちゃん、お母さんの顔を食い入るように見てますね。ひょっとして、あの左腕のギブスの中に、オヤツをたんと仕込んでいたりしたりして・・・017.gif

次にリードをはずし、リードつきの脚側行進と同じ要領で行います。
お母さん、慌てずリードをはずし、リードをタスキ掛けしました。
b0203758_15492291.jpg

お母さんの顔を時々見ながら、しっかり左について歩いています。いいぞ、その調子!
b0203758_1602146.jpg

次は5m脚側行進し、犬を停座(オスワリ)させ、ハンドラーは10m直進し、回れ右をして犬と対面します。10mは結構遠いです。
b0203758_155429.jpg

審査員の指示で、犬を招呼(呼び戻す)し、脚側につけて座らせます。

よしよし、これもGood!!

次はスタート地点に向かって5m脚側行進し、犬にフセをさせ、ハンドラーはスタート地点まで進み、回れ右をして犬と対面します。審査員の指示で、犬を招呼し脚側につけて座らせます。
b0203758_1555369.jpg


地面がかなり熱くなっていたけど、じっとフセていました。これもOK!!

次は5m脚側行進し、犬を立止(立ってマテ)させ、ハンドラーは10m直進し、回れ右をして犬と対面します。審査員の指示で、ハンドラーは犬の元に戻り、犬の後ろを回って脚側停座させます。リード無しの立ったままの状態でマテをかけ、飼い主は先に歩いていってしまうわけですから、しっかりコマンドが入っていないと、犬は飼い主の動きにつられて動いてしまいます。

ゴメンナサイ。写真がありませんが、Lちゃん、立止も完璧でした。一歩も動かなかったよね。

次の障害物飛び越しも、リード無しで行います。
一年前の初級の時、試験直前に突然ジャンプができなくなった経験のあるLちゃん。リードがあればある程度促すこともできますが、リードが無い状態では、声でコマンドをかけるしかありません。

『ジャンプ!』お母さんがコマンドをかけますが、動かないLちゃん。無理に犬を押すわけにも行かず、ひたすらコマンドをかけるお母さん。ここまではほぼ完璧です。がんばれ、Lちゃん!!

しかし、Lちゃんは頑として動かず、審査員から、『リードをつけて飛ばせて』と指示があり、とりあえずジャンプはしましたが得点にはならず・・・ ちなみに、審査員からの『リードをつけて飛ばせて』という指示は、『訓練の最後は、たとえどんな形でも良いから成功で終わらせ、犬に良い印象を持たせて終了する』という訓練の基本に基づいた指示だったようです。

最後は3分間休止。指示された場所で犬にフセをさせ、ハンドラーは10mほど離れたところのイスに対面して座ります。3分後、犬のところに戻り、脚側停座させて終了。

半年前は1分と休止できなかったLちゃんですが、今回の3分休止は微動だにせず完璧です!

ジャンプ以外はほぼ完璧だっのに、残念ながらLちゃんの中級合格は、次回へ持ち越しとなりました。次の目標は、ジャンプ克服。また頑張ろうね!006.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-21 16:15 | 愛犬しつけ教室

第20回日本救助犬協会 服従訓練試験 初級編

5月15日(日)、日本救助犬協会主催の服従捜索訓練試験が行われました。
b0203758_1721524.jpg

この日は朝から雲ひとつ無い晴天で、気温がぐんぐん上昇し、犬たちには少々つらい試験となりました。

昨年11月の服従訓練試験では、ドッグランのしつけ教室参加者から、初級に2組、中級に3組が挑戦し、見事全員合格という快挙を成し遂げ、『ドッグランのしつけ教室組は優秀』と言われたほどでした。

しかし、今年の2月を最後に、ドッグランでのしつけ教室は行われていませんが、それまで継続してしつけ教室に参加していた3組が今回挑戦することになりました。
b0203758_1732822.jpg

トップバッターは、服従試験初挑戦のジャックラッセルテリアのDちゃん。テント内で出番待ちです。少々落ち着きが無いのと、引きグセが強いこと、そしてお父さんが優しすぎるのが弱点といわれていましたが・・・

まずはスタート地点で犬を左につけて座らせます(脚側停座)。
b0203758_17224023.jpg

ありゃ、シャツター押すのがちと早かった・・・

それから30メートルのクランクを常歩で往復し、スタート地点で回れ右して停止し、脚側停座。
b0203758_17231355.jpg

しっかり横に付いて歩いていますね。お父さんDちゃんをうまくコントロールしています。

次は5mほど歩き、犬を座らせ、ハンドラーはリードの長さだけ犬から離れて対面し、審査員の指示に従って招呼(コイ)し脚側につけ座らせます。
b0203758_17235435.jpg

しっかりオスワリして、お父さんを見ています。
b0203758_1725640.jpg

お父さん緊張していたのかな? リードさばきがうまくいかず、ぐるぐる巻きになってしまいました。

次は、その場で犬にフセをさせ、リードの長さだけ離れて犬と対面し、審査員の指示に従って招呼し脚側につけ座らせます。
b0203758_1726286.jpg

次は、前回までは無かった項目【立止】。スタート地点から5mほど歩き、犬を立ったままでマテをかけ、リードの長さだけ離れて犬と対面し、審査員の指示に従ってハンドラーは犬のところに戻り、脚側停座させます。
b0203758_1727289.jpg

この立止、結構難しいんですよぉ~ 立ったままですから、座っているときや伏せているときよりも、犬はすぐに動くことができます。それを動かずに待たせるのですから難易度は高いです。普段は落ち着きの無いDちゃんですが、お父さんの『マテ』の指示に微動だにせず、(ちょっとそっぽ向いているようにも見えますが…)見事クリア!

最後は障害物飛越。犬の大きさに応じて、二種類のハードルが用意されています。
b0203758_17274571.jpg

ハンドラーはリードを持ったままで、ハードル状の障害物を定められた地点からスタートさせて飛び越えさせます。飛び越えたら、ハンドラーは犬の後ろを回って犬の右側に立ち、脚側停座させて終了。
b0203758_17281227.jpg

大きなミスは一つもなく、Dちゃん、見事初級合格しました~038.gif
やったね!006.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-05-19 17:37 | 愛犬しつけ教室

愛犬しつけ教室 休止のお知らせ

三年前、城北中央公園ドッグランで【愛犬しつけ教室】を開催することになったきっかけは、たまたま友人の紹介で、日本救助犬協会の認定犬、アメリカンコッカスパニエルのMちゃん 
b0203758_1145886.jpg
 の飼い主さんと知り合ったことです。そして、Mちゃんが所属していたチームベルデのリーダー(当時)でドッグトレーナーのK先生に、『私たちはボランティア団体なので、指導料をお支払いすることはできません。無償でご指導いただけませんか?』と大変不躾なお願いをしたところ、なんと了承していただき、日本救助犬協会による【愛犬しつけ教室】がスタートしました。
b0203758_1164797.jpg

無料クラスと有料クラスの2クラス制になってからは、有料クラスの受講料をお渡しすることができるようになりましたが、それまでの間、チームベルデの皆さんにはお約束どおり(?)無償でご指導いただきました。
b0203758_119439.jpg

丁寧で分かりやすい指導が評判になり、熱心に継続参加者される方も増え、昨年行われた日本救助犬協会主催の服従試験合格という快挙を成し遂げた参加者が6組います。その中の二組の方は、犬のしつけや訓練というものをこの【愛犬しつけ教室】で初めて体験したという方です。月一回のグループレッスン形式のしつけ教室で、これほど高いレベルにまで引き上げていただいたチームベルデの皆さんのご尽力に心より感謝いたしております。
b0203758_1112116.jpg

東日本大震災では、日本救助犬協会もいち早く現地に入り活動されたようです。詳細は日本救助犬協会のHP http://www.kinet.or.jp/kyujoken/index.shtml をご覧ください。

東京では家屋倒壊といった大きな被害はありませんでしたが、今後都市直下型の大地震がいつ起きるかわかりません。海外からの救助隊や救助犬が被災地に到着するまでには時間がかかります。もし自分の家の近所に救助犬がいたら、とても心強いですよね。

テレビに映っている救助犬の多くは、シェパードやラブラドールといった大型犬ですが、ミニチュアダックスフント・ジャックラッセルテリア・コーギーなどの小中型犬は、大型犬では入れない隙間を捜索することができるそうです。
b0203758_1119121.jpg
 
b0203758_11193270.jpg
 
民間レベルでの救助犬育成は、地震大国日本にとって、とても重要なことだとあらためて思いました。阪神淡路大震災を機に、各地に民間の救助犬育成団体が発足しましたが、訓練場所の確保や活動費の資金繰りなどに困窮しているところが少なくないようです。警察の救助犬は公費で出動できますが、民間の救助犬の場合、出動にかかる費用は個人もしくは団体が負担しなければならないのだそうです。

救助犬の必要性をご理解いただき、1頭でも多くの優秀な救助犬が育つよう、皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

日本救助犬協会による【愛犬しつけ教室】は休止となりましたが、サポーターズクラブは日本の救助犬を応援しています。016.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-03-30 11:16 | 愛犬しつけ教室

愛犬しつけ教室 参加者大募集中!

b0203758_118837.jpg

12月の愛犬しつけ教室は、無料クラス、有料クラスとも大盛況でした。

無料クラス開始後、最初に講師から出された指示は、

『全員犬をフェンスにつないで、集まってください。』 というもの。
b0203758_11164031.jpg

『えっ? しつけ教室なのに、犬、つないじゃうの?』と不思議に思われた方も多かったようですが、実は、これもしつけのひとつ。飼い主が側にいなくても、周りに他の犬がいても、吠えたり、ウロウロせず、おとなしく待っていられるかどうかを見ています。

有料クラスの中級レベルになると、こんな高度な練習をします。
b0203758_11271474.jpg

二組が犬を左に付けて、向かい合って歩きはじめます。すれ違う時、犬に『座れ』と『待て』のコマンドをかけ、犬の頭越しに、飼い主同士が握手をします。握手を出来るくらいですから、犬同士の距離はかなり近いです。それでも、相手の犬を気にせず、飼い主の顔を見て、じっと待っていられるかどうかがポイント。これ、結構難しいんですよ。

先日こんな話を耳にしました。

『ドッグランのしつけ教室に参加したいけれど、うちの犬は他の犬を見るとガウガウ吠えるてしまい、他の参加者の方に迷惑がかかるので、たくさんの犬が集まるしつけ教室には行けない・・・』と。

日本救助犬協会による【愛犬しつけ教室】は、そんな飼い主さんの悩みを解消するためのしつけ教室です。どうぞ遠慮なくご参加ください。

勇気を出して、一歩踏み出してみましょう! その先に、愛犬との楽しい日々が待っていますよ!!056.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2011-01-06 11:41 | 愛犬しつけ教室


Enjoy my life with dogs!!


by Diana

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
わん・にゃん旅
ドッグラン
愛犬しつけ教室
犬の病気
犬の習性
里親会
犬の能力
城北中央公園
迷子犬
日常あれこれ
東日本大震災
動物愛護法
里親募集中

猫の習性
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

検索

最新の記事

久しぶりの北軽井沢
at 2017-05-22 13:42
まだ4月なのに・・・
at 2017-04-23 11:03
いぬとねこの譲渡会&バザーの..
at 2017-04-19 11:12
里帰り
at 2017-03-27 11:21
『のこ便り ★ 2017』
at 2017-03-21 11:50

ブログジャンル

犬