カテゴリ:わん・にゃん旅( 124 )

2014年 師走の乗鞍高原 

12月には珍しい強力な寒波が、北海道、東北地方に大雪をもたらしています。

そんな中、我家は今シーズン初の雪旅に行って来ました。
目指すは長野県の乗鞍高原。

冬休み前のためか、関越道も上信越道も渋滞はなくスイスイ走りました。
途中横川SAで休憩。
b0203758_1053109.jpg

何と、芝生エリアは一面雪に覆われていました。
b0203758_10533584.jpg

兄貴は超ご機嫌になり、早速雪にスリスリ

この様子なら、乗鞍も雪不足の心配はなさそうです。
ただ、この日の長野県の天気予報は雪ではなく雨なのがちょっと気がかり。

さぁ、乗鞍高原へ Let’s go!!

午後2時、乗鞍高原の温泉施設、“湯けむり館”の駐車場に到着。
雪はたっぷりありました。

散歩がてら、歩いて一の瀬園地まで行ってみることに。
b0203758_10543854.jpg

森林組合の建物があるところまでは、道路が除雪されていて歩きやすかったのですが、そこから先は積雪が50cm以上ありました。

ワンコたちは普通にスタスタ歩き、
b0203758_105518.jpg

兄貴は相変わらず雪の上でもだえたりしていますが、
b0203758_10554950.jpg

人間が歩くとズボズボと足が埋まってつぼ足状態になってしまいとても歩きにくい。
b0203758_10563540.jpg

b0203758_1059845.jpg

どうやら前日に雨が降ったらしく、水分を含んだ積雪は重く、春の腐った雪のような状態になっていたのです。

もたついている私たちに、『早くおいでよ!』と兄貴。
b0203758_10574426.jpg

人間は大変なのよぉ~008.gif

この状態では、スキー無しで歩いて行くのは不可能と判断し、撤退することにしました。

え゛~、行かないのぉ~
b0203758_10584097.jpg

不服そうな兄貴。

明日たくさん遊べるから、今日はここまでにしよう。

ちぇっ、つまんないの…
b0203758_10593646.jpg

しぶしぶ戻る兄貴。

一方、野生動物の臭いを求めて、うろつく弟犬。
b0203758_110518.jpg

b0203758_115944.jpg

b0203758_1153985.jpg

めっちゃ楽しそうだね!

このあと雪は雨に変わり、夜には本降りの雨になってしまいました。

明日の雪のコンディションを心配しつつ、宿で缶068.gif片手に白濁の温泉につかり、至福の時を過ごしました。043.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-12-28 11:07 | わん旅

雪旅に行ってきました

b0203758_2374511.jpg

弟犬っす!

雪の乗鞍高原に行って来たっす。
兄貴が寒波を呼んでくれたおかげで、雪がいっぱいあったっす。

夜の散歩中、でっかいカモシカに出くわしたっす!!005.gif
ちょっとビビッたっす。

兄貴が雪の平原で大変な目に遭ったっす。

旅日記、始まるっす!061.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-12-27 23:16 | わん旅

初冬の北軽井沢 - 鼻曲山登山編の続き -

だいぶ間が開いてしまいましたが、鼻曲山登山の続きです。001.gif

スキー場と登山道の間にはゲートがあります。
b0203758_2232171.jpg

ここから先が本格的な登山道になります。
b0203758_22332614.jpg

熊出没注意の看板がありました。
b0203758_2233488.jpg

所々片側が切り立った細い道のところもありましたが、概ねなだらかで歩きやすい登山道が続きます。
b0203758_22335449.jpg

b0203758_22344519.jpg

右よし、
b0203758_2235991.jpg

左よし、
b0203758_22353082.jpg

先頭を歩く兄貴が周囲に気を配ります。

立ち止まって一点を見つめる弟犬。
b0203758_22362872.jpg

熊がいたら大声で吠えるんだよ。

出会う人も無く、静かな山歩きを楽しむわんこたち。
b0203758_22365417.jpg

コースタイムで残り10分のところまで来ると、突然急斜面になりました。

ガレた地面に落ち葉が積もっているためとても滑りやすく、ロープが張られていなかったら、とても登れないような急斜面なのですが、四駆のワンコたちはスタスタと登ってしまいました。
b0203758_22374850.jpg

いやぁ~、この最後の急斜面は本当にきつかった。でも下りはもっと怖いだろうなぁ~

急斜面を登りきると、そこには絶景が・・・005.gif
b0203758_22383375.jpg

頂上は狭いのですが、木々の葉が落ちているので大パノラマが望めました。

赤城山、榛名山、妙義山など上州の峰々、南アルプス、八ヶ岳。
b0203758_22393313.jpg

写真には写らなかったけど、遠くに富士山も見えました。

二匹揃って登頂記念写真。056.gif
b0203758_22402347.jpg

頂上でお昼を食べた後、来た道を引き返します。

急斜面の下りは本当に怖かった。
b0203758_2241290.jpg

男チームはさっさと降りて行きましたが、私はロープにすがりながら、そろそろと降りていきました。

ゲレンデまで来るとホッと一息。042.gif
b0203758_2375799.jpg

弟犬が眼下を見つめています。
b0203758_2382158.jpg

微動だにせずに眼下を見つめる弟犬が気になったのか、兄貴も一緒になって・・・
b0203758_22452222.jpg

何を見ているのだろう? 主人は、ゴルフ場内を走るカートを見ているんじゃないかと言いましたが、はたしてそうなのか?

熊に出会うこともなく、無事下山できました。
初めて登った鼻曲山。とっても気に入りました。

山に来ると、暑かろうが寒かろうが、どんなにハードなコースでもスタスタよく歩く兄貴。
なのに、なぜ東京だと散歩に行きたがらないのだろう?015.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-12-05 22:49 | わん旅

初冬の北軽井沢

何かと忙しかった10月が過ぎ、やっと旅に出ることができました。001.gif

11月に入っても人気の宿は週末どこも満室で、天気予報を見てギリギリに予約する我家では、どうしようかと迷っていたら、一度訪れたことのある北軽井沢のLa・Verduraでヒノキ風呂付のお部屋にキャンセルが出たので、行き先は北軽井沢に決定!!

今回のメインイベントは、鼻曲山登山。

北軽井沢には何度も来ていますが、鼻曲山に登るのは今回が初めて。
いくつか登山ルートがありますが、宿から一番近いということで、スカイパークから出発するコースを歩くことにしました。

ペンションのオーナーに事前情報を聞いてみると、最近スカイパーク付近では熊の目撃情報が多いとのこと。軽井沢で捕獲された熊を、動物愛護団体がスカイパーク付近の山に放しているのだとか。熊避けの鈴を付けて、十分気をつけていくようにとのアドバイスをいただきました

山に登る際心がけていることは、犬連れでも大丈夫かどうか事前に調べること。そして、自分たちはそこの自然の中を歩かせていただいているという謙虚な気持ちを持つこと。

冬晴れの日曜日。絶好の登山日和。
この時期は空気が澄んでいるので、最高の景色を期待できます。

宿からスカイパークまで車で20分ほど。
スカイパークは、スノーシーズンはスキー場、グリーンシーズンはドッグランや犬用プールが設置され、秋にはゲレンデがコスモス畑になります。

11月中旬は閑散期。ドッグランは撤去され、スキー場の準備中のため入場はお断りしていますと言われましたが、目的が鼻曲山登山と告げると、『熊が出ます。何かあっても責任は持てません。それでも良ければどうぞ。』と言われました。どこの山を登るにしても、あくまで個人責任と認識しているので、いざ出発!!

オンシーズンだと人間と犬の入場料を取られますが、オフシーズンなので無料で入場でき、ラッキー!!

数年前、わんこ仲間とコスモスのシーズンにここを訪れたことがありました。そのときは、まだ暑かったので、ゲレンデで向かって右側の森林遊歩道を歩いて登りましたが、森の中は熊がいる危険性が高いので、ゲレンデを歩くようにと宿のオーナーからアドバイスをいただいていたので、傾斜のキツイ斜面をひたすら登りました。
b0203758_1661416.jpg

ふと振り返ると、正面に雄大な浅間山。
b0203758_167356.jpg

そして、遠くには真っ白に雪化粧した白馬連峰がくっきり見えました。最高!!
b0203758_1692280.jpg

私はヒーヒー言いながら登りましたが、ワンコたちはとっても元気。四駆はいいなぁ~

ゲレンデの最高地点に着くと、スキー場の整備員さんがいて、つい最近スカイパークとゴルフ場の間の国道を横断している熊が目撃されたこと、浅間山山頂に3回雪が舞うと北軽井沢にも雪が降るといわれていることなど、いろいろとお話を伺いました。
b0203758_1611246.jpg

さぁ、ここからが本格的な山登り。
熊に出会わないように、元気に歌いながら行こう!

060.gifある日、森の中、くまさんに、出会った060.gif

この歌は、やめよう・・・008.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-11-20 16:15 | わん旅

北軽井沢 3日目

3日目の朝。ギャンギャン吠える犬の声で目が覚める。
時計を見ると5時45分。

勘弁してよぉ~
せっかくのんびりしにきたのに、なんでこんな時間に起こされなきゃならない訳?! 022.gif【怒】

犯人は、高齢飼い主5人+小型犬10匹のグループ。

ゆる~い宿だから、こんなことも許されるのか?と思いきや、朝食の時、隣のテーブルにいらした超常連のご夫婦も怒っていた。『あんな非常識なお客さん、今までいなかった。』 と。

チェックアウト後も、ドッグランは高齢飼い主5人+小型犬10匹に占領されていたため、このグループがいなくなってからチェックアウトし、ドッグランでひとっ走りしてから宿を後にしました。
b0203758_21253231.jpg

城北公園のドッグランでは走らない兄貴も、旅先のドッグランでは走ります!006.gif
弟犬は一人で大爆走!!
b0203758_21261592.jpg

今回初めて宿泊したこのホテル。
建物はかなり古く、宿泊費も決して安いわけではないのですが、リピーターがとても多いようです。
その理由の一つは、犬の宿泊費が0円なので多頭飼いの方に人気があるらしい。
もうひとつは、あれこれ厳しい規則がないので、決まりごとが嫌いな方には良いのかも。

さて、北軽井沢最終日は、浅間山の山麓にある浅間高原しゃくなげ園に行ってきました。

浅間高原しゃくなげ園では、5月中旬~6月上旬にかけて15万株ものシャクナゲが大群落をなして咲き誇るらしい。

しゃくなげ祭りが開催される頃は、多くの観光客で賑わうようですが、花の無い時期に訪れる人はほとんどいません。道も非常に分かりにくく、ところどころ砂利道になったり、車がすれ違えないほど細くなったり、かなり難儀しました。

やっと駐車場にたどり着き、散策開始!
b0203758_2148266.jpg

園内地図を見ると、園内はかなり広いみたい。
b0203758_21522677.jpg

日差しが強いので、犬がバテないよう東側の森林のルートを歩こうと思ったのですが、ほとんど人が歩いていないのか、雑草が膝丈ほどにぼうぼうに伸びていたので断念。

西側のルートには日陰が少しあったので、こちらを選択。
花はありませんが、景色は最高!
b0203758_21555289.jpg

しゃくなげが咲く頃の景色は、こんなカンジ。
b0203758_21564411.jpg

この斜面一帯が、赤やピンクのしゃくなげの花で埋め尽くされる光景は、さぞかし美しいことでしょうね!!
b0203758_2158293.jpg

さらに登るとこんな建物が。
b0203758_21594932.jpg

浅間山の噴火に備えた避難所です。御嶽山にもこのような設備があったら・・・

絶景に見とれる兄貴。
b0203758_223270.jpg

野生モード全開の弟犬070.gif
b0203758_2235227.jpg


b0203758_2284659.jpg

色づいた木々も見られ、
b0203758_2293581.jpg

初秋を満喫した北軽井沢の旅でした。056.gif
b0203758_2295615.jpg

[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-10-12 22:21 | わん旅

北軽井沢 2日目

一日目の宿泊客は、我家の他に、ゴールデン2頭を連れたご家族と、チベタンテリアというモップのようなわんこ10頭のグループ。チベタンのグループは常連さんでした。

『チベタンのグループは、ちょっとうるさいかもしれません。』と若奥様が言ってたとおり、まぁ、よく吠えること。

驚く光景を目にしたのは2日目の朝食時。

チベタンテリアのグループに、朝から合流した組がいて、この1組だけで5匹のチベタンを連れて来ていたのですが、この朝から組の飼い主さん、自分は中で朝食を食べ、5匹の犬をランに放置していたのです。

レストランからランに出られる扉の前のテーブルで食事をしていた私たちはびっくり仰天。犬たちは飼い主が中にいるので、入りたくてワンワン吠えまくっているのです。時々飼い主さんが扉のところに行き、外の犬たちに向かって、『うるさい!』と言ってましたが、そんなんで静かになるわけがない。

犬がウンチしたら、どうするのかな・・・

私は、ものすご~く気になりました。

あとで宿の若奥様に聞いてみたら、犬をランに放置したまま飼い主がランからいなくなっても構わないんだそうです。ウンチは、見つけた人が片付ければいいと。さらにもうひと言。『そういうことを気にされる方もいらっしゃるんですね。』と。005.gif

ふ~ん。ここはそういうゆるゆるの宿なんだ。うちのテイストには、ちょっと合わないかも。。。

朝食後、ドッグランはチベタンテリアのご一行様に占領されていたので、私たちは鹿沢高原の村上山登山に出かけました。

標高1746むメートル、往復約2時間と聞くと、とてもお手軽な山に思えますが、ルートの多くが直登なので、結構しんどい山です。
b0203758_20554331.jpg

村上山に登るのは三度目。北軽井沢の町よりは標高が高いので、紅葉を期待して来ましたが、まだ早かったようで、色づいていたのはこの一本だけ。。
b0203758_20563078.jpg

このあたりには野生動物が多いので、我家のワンコたちの野生モードスイッチがすぐにONになりました!
b0203758_20571590.jpg

右の茂みの臭いを嗅ぎ、道を挟んで反対の茂みの臭いを嗅ぐワンコたち。なるほど、ここを野生生物が通ったんだね。人間だけで歩いていたら、たぶん全く気付かないでしょうが、ワンコたちの動きを見ていると、獣の通り道が分かるんです。

開けた景色の場所に出ました。日差しは強いです。
b0203758_20574420.jpg

もう少しで山頂と言うところに東屋があります。ここには以前湿原があったらしいのですが、枯渇して今は草地になってしまったようです。

東屋の木陰で小休止。
b0203758_20594282.jpg

伏せた兄貴の胸のところに、真っ赤に色づいた葉が一枚、まるでブローチを付けてるみたい。

村上山山頂に到着。
b0203758_2102988.jpg

空は快晴。
浅間山はもちろん、上州や信州の山々もとてもよく見えました。
b0203758_2111689.jpg

b0203758_2114427.jpg

下山はあっという間で、兄貴もまだ元気があるようなので、新鹿沢温泉に続く渓流沿いのかえでの小径を歩くことにしました。
b0203758_2122067.jpg

b0203758_2125230.jpg

水は冷たいけど、山登りのあとのワンコたちは、川に入ってのどを潤していました。
b0203758_2135210.jpg

b0203758_2142928.jpg

帰りに温泉に寄って汗を流し、宿に戻り、飼い主は泡でのどを潤す。
旅は楽しいね~060.gif
b0203758_21134473.jpg

[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-10-09 21:25 | わん旅

昭和なホテル

我家が旅行に行く場合、たいてい天気予報を見て、2~3日前に宿の予約をします。
夏休みと紅葉シーズンの狭間の閑散期とはいえ、北軽井沢の人気の宿はほとんど満室でした。

以前からちょっと気になっていたホテルに電話してみると、空きがあるとのこと。
『よかった~』と思う反面、『この時期に週末空きがあるということは、何か落とし穴があるのかも・・・?』と不安にもなりました。

ホームページを見る限り、こ洒落たプチホテルと言う感じで、ホテルの売りは、部屋の広さと、1500坪のドッグラン!

はてさて、どんなお宿かな?

別荘地に入り、ペット可のペンション村を過ぎ、細い道を進むにつれて個人の別荘もほとんど見当たらなくなり、『道を間違えたかな?』と心配になる頃、左手にホテルの看板が見えました。

う~ん、建物が何か古い・・・
汲み取りのバキュームカーが2台来ていて、『まさか、トイレは汲み取り式か?』

恐る恐る中に入る。
b0203758_11491264.jpg

ロビーは広く、らせん階段の下のクラシックなスポーツカーが目に飛び込む。
b0203758_11493946.jpg

フロントはとってもレトロ!?

対応に出でこられたのは、ホテルの名物大ママさんで、とても感じの良い方でした。
初めての宿泊なので、あれこれ注意事項を説明されるかと思いきや、すぐに鍵を渡され、『お部屋はお2階ね。ごゆっくりどうぞ!』と。

『何か注意事項はありますか?』と、こちらから伺うと、
『何もありませんよ!』って!!
ずいぶん、ゆる~いホテルのようです。
b0203758_11503959.jpg

ホテルは二階建てで、ロビーを中心に左右に6部屋ずつありますが、客室として使用しているのは、2階の12部屋と1階の2部屋だけで、後はオーナーの住まいとして使用されているようです。

1階のお部屋からは直接ランに出られるのに、何で1階を客室として使用しないのかな? もったいない気がしました。人や犬が高齢の方に1階のお部屋が割り当てられるようです。確かに、長いらせん階段は高齢者&犬には辛いですよね。

階段や2階のスペースの壁には、宿泊者の写真(今はもう無いポラロイドカメラで撮影したもの)が目いっぱい飾られていました。

談話室を覗くと・・・
b0203758_11532835.jpg

うわぁ~、レトロ感たっぷり!!

客室へ続く廊下を見てビックリ!
b0203758_11511755.jpg

二昔前の分譲マンションって感じ。

中に入って、さらに驚く!!

手前に六畳の畳の部屋が一つ。
b0203758_11514167.jpg

今時こんなつくりの和室無いわよねぇ~。しかも、扉がガラス戸。
b0203758_11524283.jpg

すでに布団が敷かれていて、布団カバーのようなものがかけてあったので、ベットも一緒に寝てもいいってことでしょうね。ゆる~いホテルだものね。。。

リビングは、確かに広い!
b0203758_11543332.jpg

でも、家具や壁紙が超レトロ!!  
昭和を感じるわぁ~
壁一面にくくりつけられた壁面収納にも驚きましたが、なぜか昔の台所にあったようなプロペラ式の換気扇がついていました。

このホテル、たぶんバブル期に会員制のリゾートマンションとして建てられたものではないかと推察しました。換気扇の下にはキッチンが設置されていたのでしょう。

さらに驚いたのは、リビング内に大きなガス給湯器があるのです。
b0203758_11553060.jpg

お風呂や洗面所でお湯を使うたびに、ボォ~ッと大きな音がします。

お風呂はユニットバスで、トイレは別になっていますがウォシュレットは付いていません。
洗面台は昭和の白い小さなタイプです。

室内はペットの臭い消しのためか、芳香剤の臭いが強く、想像していたのと全く違う雰囲気に、私はちょっとテンションが下がりましたが、時間が経つうちに、『広いし、何か落ち着くよね…』とつぶやく主人。

昭和生まれには、どこかホッとする雰囲気があるのでしょうか。
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-10-06 11:59 | わん旅

久々の北軽井沢

夏、観光客で賑わった軽井沢も、紅葉が始まる前のこの時期は、ちょっと静か。

久しぶりに北軽井沢に出かけました。060.gif

雲ひとつない秋晴れ!058.gif

いつものように、上信越道の佐久PAのドッグランで遊び、兄貴にせがまれて神津牧場のソフトクリームを食べた後、スマートインターを出で、雄大な浅間山を眺めながらレタス畑を走り抜け、追分宿に出ました。

普通に軽井沢インターで高速を降りれば早いのですが、途中の和美峠はカーブが多く、弟犬が嘔吐するので、北軽井沢に行く時はいつも佐久PAのスマートインターを利用しています。

暑くもないし、時間もあるし、一度訪れてみたかった中軽井沢の≪湯川ふるさと公園≫のドッグランに行ってみることにしました。

この公園は南北に縦長で、南側の国道18号沿いと北側のJRの高架下の2ヶ所に駐車場があります。
私たちは北側から入場したのですが、公園内と外にそれぞれおしゃれなカフェがあり、さすが軽井沢だわぁ~。
b0203758_15402674.jpg

公園内にはテニスコートや子供の広場があり、芝生もきれいに手入れされていますが、残念ながら犬は芝生侵入禁止。007.gif 兄貴、大好きなスリスリができないね。。。

ドッグランは変形タイプで、フリーエリアと小型犬専用エリアがあり、地面は砂利敷き。ラン内には程よく木々があり木陰もあるので、のんびりできます。
b0203758_15423540.jpg

地元の利用者ボランティアが清掃を行っているらしく、お掃除道具が置いてありました。
すでに落ち葉最盛期のようで、あちこちに掃き集めた落ち葉の山が見られました。

我家のワンコたちは、どこのドッグランに行っても走り回るわけでもないので、早々にランを出て公園内を散策。

確かランのそばに川があるはずなんだけど、水の音はすれど川は見えず。しばらく歩道を歩いていたら、ワンコたちが森の中に通ずる細い道を発見。その先に、お目当ての湯川渓流がありました。
b0203758_15491467.jpg

渓流に沿って遊歩道が整備されていて、野趣あふれる雰囲気に、ドッグランではずっと寝そべっていた2匹の目がキラキラ輝き、野生モードスイッチON!! 006.gif
b0203758_15522027.jpg

渓流の水はとても清らかで、そんなに深くは無いので、真夏なら水遊びができそうです。
b0203758_1550878.jpg

突然弟犬が川に飛び込み、対岸に向かってものすごい勢いで吠えはじめました! 005.gif
b0203758_15525393.jpg

何か小動物がいたようです。軽井沢の公園で、こんなに楽しめるなんて思わなかったね。でも、あんた、ビショ濡れじゃん! よく見ると濡れているだけでなく、秋特有のベタベタした種が足とお腹にびっしり!!

宿に着く前にこれだもんねぇ~
今回もエクサイティングな旅になりそうです。
b0203758_15531966.jpg

《色付きはじめた湯川公園内の葉》
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-10-01 16:02 | わん旅

夏旅

8月中旬、こてとわ家と松原湖で避暑を満喫してきました。
b0203758_15315084.jpg

涼しかったねえ~ 日中ドッグランで走り回れちゃったもんね。058.gif

さて、松原湖から車で20分ほどのところに八千穂高原があります。さらにその先には、標高2115m、日本で一番高いところにある湖、『白駒の池』があります。一度行ってみたいと思っていたのですが、その一帯は自然保護地区のため犬を連れて行くことができません。

今回、こてとわ家にワンコたちを預け、八千穂高原自然園から信濃路自然歩道を歩いて白駒の池まで行って来ました。004.gif
b0203758_15371348.jpg

いきなり八千穂高原スキー場のゲレンデを登り(木陰の無いこの急登が一番きつかった…)、
b0203758_15364346.jpg

途中から森の中に入り、
b0203758_15375425.jpg

ひたすら登ります。
b0203758_15381621.jpg

途中で、下界が見渡せる展望台がありました。
b0203758_15503360.jpg

剣ケ峯を過ぎると
b0203758_1540455.jpg

下りになり、やがて国道に出て、しばらくは車道を歩きます。

途中から林道に入り、しばらく行くと白駒の池の標識があり、ここから森の中を歩きます。
b0203758_1540026.jpg

木道が整備されているのですが、
b0203758_15404191.jpg

ほとんど人が歩いていないのか、木道に苔が生えていて、登山靴を履いているにもかかわらずツルツル滑るのです。ひどいところは足を乗せただけでツッ~と滑るため、怖いのなんのって。行きは登りなのでどうにか歩けましたが、下りはとてもじゃないけど危険なので、帰りは車道を歩くことにしました。

歩き始めて2時間、やっと白駒の池に到着。
b0203758_15412329.jpg

白駒の池は一周歩いて30分ほどの小さな池ですが、あちらこちらに美しい苔の森があります。
b0203758_15422342.jpg

『もののけの森』の苔は、ため息が出るほど美しかったです。
b0203758_15432458.jpg

b0203758_15443426.jpg

写真では、その美しさが伝わりませんねぇ~ 

私は特に苔好きではありませんが、この『もののけの森』の中に立っていると、身体の中の老廃物がス~ッと抜けていくような不思議な感覚になりました。
b0203758_15444820.jpg

白駒の池自体は、特にどうと言う池ではありませんでしたが、周辺の多種多様な美しい苔は、一見の価値があります。私たちは信濃自然遊歩道を歩きましたが、車で白駒の池のすぐそばまで行くことができます。広い駐車場もありました。
b0203758_1545369.jpg

白駒の池からの帰り道、秘湯に立ち寄ることにしました。
b0203758_1545101.jpg

その名は、『稲子湯』。
八ヶ岳登山の基地となる山小屋です。
b0203758_15455893.jpg

単純二酸化炭素・硫黄冷鉱泉
源泉の温度は8.3℃。pH5
ほとんど無色透明・強炭酸味・硫黄味・微鉄味・硫化水素臭を有する

源泉が8.3℃ですから、湯船のお湯は加温されていますが、湯船の脇に源泉が流れていて、コップが置いてあったので飲んでみたら・・・シュワ~~~、わぁ~本当に炭酸水だ!! 005.gif

こてとわ家のお陰で、念願の白駒の池と稲子湯に行くことができました。
感謝、感謝!! 040.gif

b0203758_15563527.jpg

あれっ、一匹足りないぞ?
b0203758_15584655.jpg

いたずら小僧はケージに幽閉されていたっけ。037.gif

避暑地・松原湖での楽しいひと時を終えて灼熱の練馬に帰ったら、我家に突然〇〇がやってきました。

何がやってきたのか・・・お楽しみに!!
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-08-30 15:55 | わん旅

最高気温24℃でヤッホー!

シラカバ林の中のコテージ。
b0203758_15312045.jpg

ここは標高1300m、八ヶ岳を望む松原湖高原で~す060.gif
b0203758_15332180.jpg

一日中家の中でゴロゴロしている怠惰な犬を歩かせるべく、灼熱の練馬を脱出してやってきました。
最高気温24℃。練馬より10℃以上低いんですよ。
朝晩は長袖の上着が必要で、夜は窓を閉め、羽毛の布団に包まって寝ていました。
天国でした。043.gif

ただ、今回は私の父親を連れて行ったので、犬の世話より父親の世話が大変で・・・
父は80歳を越えていますが、いまだに好奇心旺盛で、ちょっとでも気になるものを目にすると、誰彼構わず話しかけるし、目を離すと、すぐにいなくなってしまうのです。

そんな訳で、今回の旅行ではワンコたちの写真を撮っている暇もなく、残念ですが、次回のわん旅にご期待ください。040.gif

あっ、そうそう、敷地内にある小海町高原美術館で、動物写真家の岩合光昭さんの写真展、【ネコライオン】が開催されていました。
b0203758_15363668.jpg

滞在中、岩合さんのトークショーがあり、私も見学してきました。

現在NHKで放映されている【世界ネコ歩き】という番組の影響なのか、山の中の小さな美術館にたくさんのお客様が詰め掛けていました。

ライオンとネコの行動やしぐさを対比した写真が展示されており、とても面白かったです。

百獣の王と言われるライオンですが、岩合さんがアフリカに撮影に行ったとき、ハイエナの夫婦がしとめたバイソンをオスのライオンが横取りしてむしゃぶりついているのを見て、ハイエナとライオンのイメージが逆転したと話されていたのが印象的でした。

それから、広島の農家で暮らしているオスネコのガッチャン。ある日突然いなくなり、約一年後に家に戻ってきたそうですが、何とオスの仔猫を連れてきたそうです。オスがオスを連れてくるのは珍しいそうですが、ガッチャンの男らしさに憧れて、くっついて来たのではないかと岩合さんは推測されていました。今も仲良く一緒に暮らしているそうです。

私は野良犬や野良猫のいない世の中が来ることを祈っていますが、そうなると、岩合さんは仕事になりませんね。026.gif
[PR]
by smiling-dogs-two | 2014-08-07 15:41 | わん旅


Enjoy my life with dogs!!


by Diana

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
わん・にゃん旅
ドッグラン
愛犬しつけ教室
犬の病気
犬の習性
里親会
犬の能力
城北中央公園
迷子犬
日常あれこれ
東日本大震災
動物愛護法
里親募集中

猫の習性
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

外部リンク

検索

最新の記事

庭猫
at 2017-05-30 15:18
久しぶりの北軽井沢
at 2017-05-22 13:42
まだ4月なのに・・・
at 2017-04-23 11:03
いぬとねこの譲渡会&バザーの..
at 2017-04-19 11:12
里帰り
at 2017-03-27 11:21

ブログジャンル

犬